アクションカメラであれこれ楽しもう!記録映像は勿論他にも使えるよ!

アクションカメラというものが一般的になって、ますます動画サイトも華やかになってきました。

軽量で丈夫で耐水性もあるアクションカメラなので、特に海やプールでの撮影が多いですね。

でもこのアクションカメラ、せっかく使うならもっと面白く工夫して使ってみるのもありですね。

見たことのない世界が、見えてくるかもしれませんよ。




アクションカメラってどういうもの

もともとカメラは記録媒体としての写真を撮ってくれる、大変に便利な機械です。

静止画像もですが、ビデオで動画も撮れるようになってからは、思い出を残すのにもますます便利になってきました。

それに加えて登場したのが、アクションカメラです。

普通のカメラやビデオは、手に持ったりして撮影しますが、アクションカメラの場合身につけることが出来る、つまり手以外の部位にも固定できる特徴があります。

アクションという名前の通り、普通のカメラでは難しい動きながらの撮影も、ブレを抑えつつ出来るのも大きな特徴です。

なのでよく上がっている動画としては、海辺でのサーフィンや飛び込みや泳ぎなどの動画もあります。

またロードサイクルのヘッドなどに固定して、臨場感あふれる走りの動画も撮ることが出来ます。

このアクションカメラのおかげで、迫力のある動画の動画サイトへのアップは、止まることを知りません。

アウトドアに出かける時には、思い出つくりのためにも1台欲しいですね。




アクションカメラの標準的な使い方

動きのあるスポーツや、移動中の撮影などに優れているのが、アクションカメラです。

なので、一般的な使用法としてはこんなものがおすすめですね。

海のレジャーの撮影に

何と言ってもその耐水性が大きな特徴のアクションカメラです。

普通のカメラでは難しい、海辺の遊びなどは簡単に撮影ができます。

ヨットやサーフィン、ボートこぎなどの水辺の遊びの撮影は、これにおまかせと言った感がありますね。

ハウジングケースに入れれば完全防水ですから、飛び込みの時にも自分で持ったまま、もしくは身体に固定での動画が撮れます。

そんなこと、今までのカメラでは不可能でしたが、アクションカメラなら簡単に撮影できるのです。

飛び込んだ時の海の水の動きや、光の加減など後で見ると本当に素敵ですね。

飛び込んだ時には夢中で見られなかったそんな景色も、後で見ることが出来るのです。

雨が降っても大丈夫ですし、ケースに入れておけばどんな土砂降りでも壊れたりしません。

水辺の遊びにはぜひ、1台持っていきたいものです。

サイクリングの臨場感あふれる移動の撮影に

サイクリングの場合、両手が空いていなければ危険ですし、カメラを持っての撮影などもってのほかでした。

しかしアクションカメラがあれば、これも可能です。

自分の額とか胸のあたりに固定してもいいですし、ロードバイクのヘッドに固定しても面白い画像が撮れます。

自分で走っている時には、あまりスピードを感じないと言うか、ちょっと感覚画が鈍くなっているのがお約束です。

でも後で、アクションカメラの映像を見ると、思っているよりもずっとスピード溢れる走りをしていることがわかりますね。

また走っている最中はよそ見できませんから、楽しむことが出来なかった景色も、アクションカメラの映像で後日楽しむことが出来るのです。

勿論バイクのツーリングでも、アクションカメラの利用はおすすめです。

登山の時にはこれは必須

登山というのも、これもしっかりと両手を空けておかなければならない運動でレジャーです。

なのでこれまでなら、じゃあこのへんで写真を撮るかなどと声を掛け合って、みんなでポーズという写真になっていました。

しかしアクションカメラなら、実際に登っている姿をしっかりと動画にして残すことが出来るのです。

勿論静止画も撮れますが、苦労して登っている姿を撮れるというのは、ちょっとうれしくまた後で見るといささか気恥ずかしくもあるものです。

立ち止まってあたりを見渡せば、これもすごい景色が目の前に広がります。

それもまた、時間を置かずにアクションカメラが映像として記録してくれるのです。

天候の変化の激しい山ですが、耐水性に優れているアクションカメラなら、多少の雨でも安心です。

ハウジングケースに入れておけば、もっと安心して使用できますね。

アクションカメラで遊んでみよう

記録映像を残すのが、まあ本来の使い方ではあります。

しかしせっかく、耐久性と耐水性に優れ、固定ができるカメラです。

記録だけではもったいないですね。

迷惑かもしれませんが

ペットにアクションカメラを装着させて、どんな映像が出来上がるか見てみませんか。

ペット目線の映像が見られるので、そうかペットの目の高さだと家の中はこんな風に見えるんだな、なども納得できます。

人間の目線で家の中をレイアウトしがちですが、時にペット目線で考えて見るには、アクションカメラの使用は有用ですね。

ただまあ、ペットにとってはいい迷惑かもしれませんので、使用は程々がよろしいです。

絶叫マシンで使ってみる

ジェットコースターに乗っている時の自分の表情、気になったことはありませんか。

一体どんな顔して乗っているのか、一度は見てみたいものですね。

自撮りモードにして手すりと一緒にしっかり掴んでおけば、なかなか楽しい映像が撮れます。

ついでにお隣さんも、映すことが出来ます。

怖くなんて無かったと言い合っても、映像にはしっかりとその表情が残っているのも事実なのです。

アレンジとしては、お化け屋敷での使用も、後で大笑いできるものになるでしょうね。

遊園地に行く時には、アクションカメラも荷物に入れておくのがおすすめです。

動くおもちゃに固定してみる

電池で動くおもちゃとか、おもちゃの電車や自動車にアクションカメラを固定してみても、面白い映像が撮れます。

床に近いところの映像なので、面白さよりも自宅の床の汚れが気になった、と言う人もいます。

まあそれ以外では、そのおもちゃを追いかける赤ちゃんなどの映像は、思い出として長く楽しめるものになりますね。

楽しみたいけれどやりすぎには注意を

実はもっと色々と工夫すれば、面白い映像を撮ることが出来るのがアクションカメラです。

しかし何よりも、いくら耐久性が高くても精密機器であることは事実です。

また、長い棒などにアクションカメラを固定して振り回しての映像などアップされています。

見ていると大変に面白い映像に仕上がっています。

ただもしこういう使い方をする場合、周囲に充分に気を配って下さい。

誰か人がいきなり出てきたりすれば、怪我をさせることも無いではありません。

また、振り回した先に壁などがあれば、遠心力とエネルギーで、流石に丈夫なアクションカメラも壊れてしまうこともあります。

面白い映像が撮れるという楽しみもありますが、もともとは記録映像を残すためのものです。

楽しい使い方が頭に浮かんだ時も、まずやっても大丈夫かなどの安全確認をしっかりとしてくださいね。

何よりも楽しい思い出を記録するのが、アクションカメラの第一の目的です。

それを忘れないように、楽しく使っていって下さい。

まとめ

動いている時でも、動いているものも、臨場感あふれる映像で撮影できるのがアクションカメラです。

軽いし丈夫だし、また水にも強いのでアウトドアにはもってこいです。

また近ごろの動画アップブームもあって、変わった使い方を競うような風にもなってきました。

勿論楽しい映像を撮って、他の人にも楽しんでもらうのは大変にいいことですね。

でもやはり、旅行やレジャーなどの記録映像が何よりも、アクションカメラの得意技です。

得意技でいい思い出の映像、たくさん撮っていって下さい。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.maturikun.com/entry/201…
https://camphack.nap-camp.com/731