アクションカメラをバイクに装着したい方は必見!そのポイントとは?

アクションカメラは、様々な場所に装着させる事ができるので、バイクが好きな方は、撮影をしながら走行したいと思うでしょう。

しかし、アクションカメラをバイクに装着させる場合には、いくつか押さえておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しておけば、満足できる動画映像を撮影できる可能性が高くなるので、詳しく紹介しましょう。




アクションカメラを選ぶ際のポイント

アクションカメラは、様々な機種がありますが、バイクに装着させても撮影しやすい機種もあれば、撮影しづらい機種もあるのです。

さらに、故障しやすい機種も販売されているので、バイクに装着しても撮影しやすいアクションカメラの特徴をいくつか解説するので、確認してみて下さい。

手ブレ補正

バイクにアクションカメラを装着させる際に、最も重要視しなくてはいけないのが『手ブレ補正』です。

手ブレ補正が搭載されていなければ、バイクのように高速で移動する乗り物に装着した場合には、映像がブレてしまうので注意しなければいけません。

サイクリングの場合では、速度が遅くなっているので、手ぶれ補正が付いていないアクションカメラでも、それなりに満足できる映像は撮影できるかもしれません。

しかし、バイクに装着させたい場合には映像がブレやすいので、手ぶれ補正が搭載されている機種や、手ブレに強い機種などがおすすめです。

高画質

バイクに乗って走行しながら、撮影した映像は、スピード感があって、見ているだけで気分が良いものです(個人差があるので注意)。

しかし、画質の低いアクションカメラを利用した場合には、画質が粗くなっているので、あまり綺麗な映像を残せません。

静止画の場合であれば、画質が低くなっていても、それほど気にならないかもしれません。

ところが、動画の場合には、長い間に渡って見る事になるので、画質が低かったら目立ちやすいです。

4Kとまではいかなくても、ある程度まで画質の高いアクションカメラを購入したほうが良いでしょう。

耐久性

アクションカメラを利用している方たちの中には、自動車の中に設置して、ドライブレコーダーとして利用している方がいます。

自動車の中であれば、それほど問題にはならないのですが、バイクに装着する場合にはアクションカメラがむき出しの状態になってしまいます。

むき出しで装着している場合には、外から飛んでくる小石に当たってしまう可能性があるので、耐久性が優れている機種を選ぶようにしましょう。

防水性

バイクにアクションカメラをむき出しの状態で装着している場合には、小石だけではなく、雨や雪にも当たってしまう事があります。

そのため『防水機能』が搭載されていないアクションカメラを装着させてしまえば、最悪のケースでは1回の利用で故障する可能性があるのです。

そのような機種を購入してしまえば、天気が悪くなりそうな日には、気軽に撮影する事ができないので、防水機能が搭載されている機種がおすすめです。




アクションカメラの他に必要な製品

アクションカメラを購入しても、それだけでは満足できる動画を撮影する事はできません。

実は、バイクに装着させる場合には『マウント』や『外部マスク』なども必要になっていくので、その理由を説明します。

マウント

今まで、アクションカメラを利用した事がない方は、マウントを知らないかもしれませんが、このマウントがなければバイクで撮影する事ができません。

マウントを併用する事によって、アクションカメラをバイクまたはヘルメットの装着させる事が可能になります。

バイクとヘルメットのどちらに、アクションカメラを装着させるのか悩んでしまうかもしれませんが、おすすめはヘルメットです。

なぜなら、ヘルメットに装着させておけば、そのヘルメットを自宅の部屋まで持っていけば、アクションカメラを外す必要がないからです。

外部マイク

バイクにアクションカメラを装着して撮影していたら、風を切る音が邪魔に感じてしまって、満足できるような映像データを残す事ができません。

そのため、外部マスクも併用する事によって、風を切る音が邪魔をしないように対策を講じる事が重要になります。

ただし、値段の安いアクションカメラには、外部マスクを装着できない機種もあるので、事前に把握してから購入したほうが良いです。

動画で活用する方法

アクションカメラをバイクに装着したら、様々な活用法が可能になるので、多くのメリットを得る事ができます。

そこで、どのような活用法があるのか紹介するので、みていきましょう。

コース映像をコレクション

バイクで走行している方たちの中には、その時の気分で、走るコースを決めているかもしれません。

ところが、アクションカメラをバイクに装着させて撮影しておけば、様々なコースの映像をコレクションする事ができるので、どのコースを選べば良いのか参考にする事ができます。

例えば、アップダウンの激しいコースや、季節によって美しくなるコースなどを映像として残す事ができれば、自宅から出発する前に自分の目的に合うコースを選別しやすいです。

SNSで注目度アップ

日本では、SNSを利用している方たちは多いかと思いますが、Twitterで文字だけをツイートした場合では、あまり注目されません。

注目されないツイートは、そのまま流されていくので『ハートマーク(いいね)』をクリックされる回数が少なくなってしまいますし、リツィートも難しいでしょう。

ところが、バイクを走行しながら撮影した映像は注目されやすいので、多くの方たちからリツィートされて、フォロワーが増える可能性も高まります。

動画で副業をする方法

アクションカメラで、疾走感のある映像を撮影できたら、副業する事も十分に可能です。

副業で、お金を稼ぐ事ができたら、新しいバイクを購入するための資金にあてる事も可能になるので、どのような副業があるのか紹介しましょう。

アクションカメラを紹介

ブログやWEBサイトで、アクションカメラを紹介する記事を作成して、アフィリエイトでアクションカメラの広告を掲載して稼ぐ方法があります。

この方法は、広告をクリックしてもらって、商品を購入してもらわなければ、稼ぐ事はできません。

少し難しく感じてしまうかもしれませんが、動画データは、大きなインパクトがあるので、アフィリエイトで稼げる可能性は高いと言えるでしょう。

広告費用

アフィリエイトで稼げる金額は、少ない場合が多いのですが『Googleアドセンス』を掲載する事によって、多くの広告費用を貰う事ができます。

Googleアドセンスの場合には、ブログやWEBサイトのアクセスが増えるだけで、収入も増えていきます。

つまり商品を購入してもらう必要もないですし、広告をクリックされなくても稼げるので、初心者の方でも副業しやすいのでおすすめです。

ただし、GoogleアドセンスをブログやWEBサイトに掲載する場合には『禁止事項』がいくつかあるので、注意して下さい。

禁止事項は、過激な画像や動画を掲載する場合や、自分で広告をクリックするような行為が当てはまるので、覚えておきましょう。

まとめ

バイクにアクションカメラを装着する場合には、映像がブレづらくて、耐久性が優れている機種を購入したほうが良いです。

さらに、防水機能を搭載していないアクションカメラを装着した場合には、天候次第で、故障してしまいます。

少し注意すべきポイントが多くありますが、バイクで走行しながら撮影した映像はインパクトがあって、様々な活用法が可能になるので、試してみる価値があります。

参考URL・参考文献・根拠など

https://hajipro.com/gadget/motoblog…
https://photo-tea.com/p/1809/action…