アクションカメラを購入するときの機能を考えた選び方のポイント5つ

【進化版】Crosstour アクションカメラ 4K高画質1600万画素 水中カメラ 外部マイク リモコン付き WiFi搭載 水深30m撮影 手ブレ補正 タイムラプス ループ録画 防水 防塵 耐衝撃 2インチ液晶画面 HDMI出力 170度広角 SONY製CMOSセンサー 1050mAh大容量バッテリー2個付 豊富なアクセサリー 日本語メニュー 日本語説明書 【メーカー1年保証】

アクションカメラは、簡単に迫力のある動画や過酷な撮影シーンを撮影することができるビデオカメラです。

便利な機能が付いているので、特別な機材を準備する必要はありません。

オールシーズン使えて、通常のビデオカメラよりも小さくて軽いものです。

さらに、耐水性や耐衝撃性能にも優れています。

デジタルカメラやスマホとは違い、ハンズフリー機能があるので、両手が使えるのでおすすめです。




アクションカメラのおすすめシーン

アクションカメラは、スポーツやアウトドアでリアルな映像を撮影したいときに便利です。

カメラ自体は、激しい動きに対応できるように、様々な機能や形のものが売られています。

そのため、臨場感あふれる映像を残すことができます。

アクションカメラは、旅行用のカメラとしてもおすすめです。

スポーツやアウトドアが好きな方だけではなく、旅行好きの方も楽しむことができます。

便利な機能が付いているので、工夫次第で使い方が広がります。

カメラが趣味の方にも、いつもと違った撮影ができるのでおすすめです。




普通のカメラよりもアクションカメラの方がおすすめなとき

アクションカメラは、色々な場所に装着することができます。

カメラや物、乗り物に装着することで、両手が自由になります。

激しい動きにも対応できるので、誰かに撮影してもらうのではなく自分で撮影するときに役立ちます。

動画を自撮りしたいときにもおすすめです。

広角レンズのカメラは、視野が大変広くなっています。

水に強いカメラで、川や海など水のある場所やスキー場などにも向いています。

そのため、通常のビデオカメラでは撮影することが難しい場所でも撮影が可能になります。

アクションカメラは、コンパクトで軽量と言う特徴があります。

旅行に出掛けるときにもアクションカメラが便利で、荷物を少しでも減らすことができます。

迫力のある映像が撮影できるので、良い旅の思い出を残せます。

アクションカメラの特徴である機能

 
アクションカメラの機能には、堅牢性・耐水性・防水性などがあります。

カメラは、体に身に着けることができます。

他にもいろいろな場所に装着することが可能で、自転車やバイクのハンドルに装着、サーフボードやスノーボードの先端やヘルメットやゴーグル、自撮り棒などにも装着することができます。

頑丈にできているので壊れにくい、堅牢性

カメラの内部が丈夫にできており、激しい場所で撮影できるように、落とした時や振動などの衝撃でも壊れにくい設計です。

エラーや障害があった時のも柔軟に対応できるようになっています。

アクションカメラは、大自然の中や激しいスポーツを撮影するために購入する人が多いので、落としても壊れにくいです。

水の中でも耐えることができる、耐水性

カメラが水に濡れたときには、水分は内部にしみ通らないように加工されています。

そのため、水がかかっても変質しません。

水に対して強い性質を持っており、水に耐える機能があります。

海や川、雪山での撮影にも適しています。

アクションカメラは、他のカメラと異なり水に強い製品が多いです。

水から守ることができる、防水性

製品内部への水の侵入を防ぐ機能があります。

外からの水が入り込まない加工が特徴です。

防水機能には、完全防水と生活防水があります。

生活防水は、日常生活で水がかかってしまう程度は大丈夫と言う意味です。

防水機能は弱いので、水中で使うことはできません。

防水機能を強化できるように、水中撮影時には防水カバーを付けて撮影できるタイプのカメラもあります。

カメラは丁寧に扱うことが大切で、長持ちさせたいときは水には気を付けた方が壊れにくいです。

アクションカメラの選び方のポイント

アクションカメラは、スポーツやアウトドアでの動きのある映像を撮影することができます。

激しい動きの中でも安全に撮影できるように、様々な機能が付いたものが売られています。

水中撮影が可能なものや手ブレ補正機能など、高機能なカメラが魅力です。

好みの画質を見つける

アクションカメラを選ぶときのポイントは、好みの画質のものを探すことです。

カメラを選ぶときには、画質や画素数の数字を確認するのがおすすめです。

アクションカメラのカメラは小さいものの、撮影した映像は大きく引き伸ばすことができ、鮮明に見えるものが使いやすいです。

画質の種類には、HD・フルHD・4Kがあります。

この中でも、フルHDが標準的画質の基準となっています。

高画質で記録を残したり撮影後に編集する場合は、画質劣化が少ないので4Kのカメラがおすすめです。

画素数が大きくなるほど、細かなところまではっきりと見えるという特徴があります。

そのため、動画の中から写真として残したい場合に適しているのは、画素数の大きなカメラです。

動画を好み位置で静止して、写真に仕上げるときもきれいな写真が出来上がります。

より鮮明な映像を求めている場合は、1200万画素よりも2000万画素のカメラを選ぶのがおすすめです。

Wi-Fi接続機能で仲間と共有

アクションカメラは、スマホとWi-Fiで接続することが可能なタイプが増えてきました。

撮影した画像をWi-Fiで接続すると、スマホ画面で確認することができます。

そして、撮影した映像はSNSに投稿できるカメラもあります。

撮影した映像は、離れて住んでいる家族や趣味が同じ友人などと共有したいときに便利です。

Wi-Fi機能は大変便利なので、カメラ選びのおすすめポイントの一つです。

迫力ある映像は広角レンズ

広角レンズは、視野が広くなる効果があります。

アクションカメラは、迫力のある映像を撮影することができます。

迫力を感じるためにも、広角レンズが付いたカメラはよく見渡せるのでおすすめです。

ドライブレコーダーとして、車に装着し利用するときにも役立ちます。

揺れが気になる場所での撮影に手ブレ防止機能

激しい場所での撮影は、手ブレ防止機能が付いていることで、映像の揺れを抑えることができます。

同じ手ブレ防止機能でも、モデルによって抑えられる手ブレは変わってきます。

手ブレ防止機能が強力なものの方が、映像を見たときに揺れが抑えられているので見やすくなります。

バイクや自転車の運転でカメラを装着するときや、ランニングをする時にヘルメットに付けたいときにもおすすめです。

水中で撮影したいとき

アクションカメラは、水に強いカメラというのが特徴です。

しかし、強度はモデルによって異なります。

購入時は、どの程度の防水機能が付いており、水の中での撮影が大丈夫なのかきちんと確認することが必要です。

水深何メートルまで対応できるものや、水しぶき程度なら大丈夫など大きな差があります。

カメラによっては、防水カバーを付けると強度が増すモデルもあります。

サーフィンの先にカメラを装着して、水中撮影をするという楽しみ方もできます。

水中にもぐって撮影することができるカメラもあるので、水の中でも映像が残せます。

水遊びに使えるカメラなので、子供がプールや海で遊んでいる映像を残したいときにもおすすめです。

まとめ

アクションカメラは、様々な機能が付いているカメラです。

しかし、カメラによって機能の強度が異なるので、選ぶときは機能の程度を参考にします。

アクションカメラは壊れにくくコンパクトなので、持ち運びに便利なため使いやすいカメラです。

用途に合わせて、カメラを選ぶとより良い映像を撮影し、記念に残すことができます。