中華アクションカメラはコスパが高い?GoProと徹底比較!

日本では、GoProの人気は高くなっていますが、値段も高いのがネックでした。

ところが『中華アクションカメラ』は、値段が安くなっているので、気軽に購入する事ができます。

多くの日本人が、このような事を聞いたら『メイドインチャイナ』は信用できないと思ってしまうかもしれません。

そこで、中華アクションカメラとGoProを比較しながら紹介していくので、本当に信用できない機種なのか、確認してみて下さい。




中華アクションカメラとGoProの違い

中華アクションカメラが、本当に信頼できるものか、把握するためには、人気の高いGoProと比較してみる事が重要です。

そこで、中華アクションカメラとGoProの違いについて解説するので、みていきましょう。

値段が安い

中国は、日本を追い抜いて、世界第2位の経済大国になったとは言っても、欧米諸国に比べて人件費は安くなっている状態です。

一部の大都市では、人件費が高くなっている状態ですが、地方では人件費が安い状態が続いています。

さらに、地方から出稼ぎで働きに来ている方たちは、人件費が安い状態です。

そういう事もあってか、中華アクションカメラは、GoProよりも値段が安くなっているのです。

実際に、GoProの価格は40,000~50,000円もしますが、中華アクションカメラは8,000~15,000円にしかなりません。

防水の性能

値段が安くなっていたとしても、性能は高くないだろうと思ってしまう方は多いかもしれませんが、防水性能はGoProよりも中華アクションカメラのほうが優れているのです。

GoPro本体は、10mの防水対応になっていますが、中華アクションカメラは付属の防水ケースを併用したら、30m程度まで防水対応になるのです。

GoProの場合には、防水ケースを利用したら、30m以上も防水対応になりますが、防水ケースは別売りになっています。

そのような事を考えたら、GoProよりも中華アクションカメラのほうが、防水機能が優れていると言えるでしょう。

画質は低い

お金をあまりかけなくても、防水対応になっているのは、中華アクションカメラのほうですが『画質』に関して言えば、GoProのほうが優れています。

実際に、GoProは高画質な事で人気が高くなっていますが、中華アクションカメラは機種によって大きな違いがあるのです。

数多くある中華アクションカメラの中には、GoProに近い性能を誇っている機種もありますが、一部の機種はスマホとあまり変わらない画質の物もあるので、注意しなければいけません。




中華アクションカメラのメリット

中華アクションカメラは、コスパが優れているので、利用する事によって、いくつかメリットを得る事もできます。

そのメリットを理解できたら、いかに利用価値の高いカメラなのか分かると思うので、詳しく解説しましょう。

浮いたお金を有効活用

GoProの場合には、値段が高くなっているので、カメラ本体を購入してしまえば、あまりお金をかける事ができない方は多いでしょう。

それに引き換え、中華アクションカメラは、値段が安くなっているので、あまりお金をかける必要がありません。

中華アクションカメラを購入したら、多くのお金が浮くので、それで様々なアクセサリーを購入する事ができます。

そのため、様々な小物を購入したい場合には、中華アクションカメラのほうがおすすめです。

リスクが少ないカメラ

GoProは、高機能なカメラですが、イメージしていたものと違っていたら「これほど多くのお金を使って購入したのに損をしてしまった」と後悔する事になってしまいます。

それに引き換え、中華アクションカメラを購入した場合には「この程度の値段であれば十分な機能」と満足できる可能性は高いです。

つまり、値段が安い事から、落胆する可能性は少ないので、後悔したくない場合には中華アクションカメラを選んだほうが良いでしょう。

メイドインチャイナの実力

日本では、未だに中国の発展について、半信半疑の方がいます。

実際に、数十年前までは、中国は日本に比べて大きな遅れを取っていました。

そのため、メイドインチャイナを信用できない方もいると思うので、中国がハイペースで発展できた理由を解説しましょう。

鄧小平の登場

国家というものは、近代国家であっても民主主義国家であったとしても、指導者により発展する事もあれば衰退する事もあります。

中国が日本より遅れを取っていたのは、明治維新を達成した政治家が、中国では皆無に近かったからです。

第二次世界大戦では、アメリカを味方につけた事により、日本に勝つ事はできましたが、毛沢東が文化大革命という恐ろしい行動を起こしてしまって中国国内は大混乱に陥っていました。

このような事から、中国は大国であっても、日本より遅れを取っていたのです。

しかし『鄧小平』という大人物が首席になった事により、中国は一気に生まれ変わりました。

鄧小平の政策によって、中国は急速に発展して、メイドインチャイナの実力は、メイドインジャパンを追い越すほどになってきたのです。

経済特区と研究費

中国が急速に発展した政策とは何かと言えば、鄧小平の『経済特区政策』と、習近平の『研究費アップ』です。

かつて鄧小平は、来日した時に、日本の科学技術のレベルの高さに驚愕します。

日本を追い越すためには、中国で経済特区を設立して、日本の企業を誘致して、その高い科学技術を活用する必要がありました。

その大胆な政策により、中国は短期間で日本を追い抜くようになりました。

そして、経済大国になった中国で、今は莫大な研究費をかけるようになったのです。

2016年では、日本の研究開発費は18.4兆円・アメリカは51.1兆円でしたが、中国は何と45.2兆円にも及びます。

このような動きを理解できれば、メイドインチャイナの実力が、よく分かるでしょう。

おすすめの中華のアクションカメラ

中華アクションカメラは、様々な機種があるので、どの機種を購入するべきか、頭を悩ませてしまう所でしょう。

そこで、数多くある中華アクションカメラの中でも、魅力的な物を2機種まで紹介するので、参考にしてみて下さい。

TEC.BEAN 4K アクションカメラ

TEC。Bean 4 KカメラアクションカメラWiFi 14 MPウルトラHD防水スポーツカム148 ft/45 m水中カメラ170度広角レンズと2.4 Gリモート付き、RechangeableバッテリーとAccessriesキット

『TEC.BEAN 4K アクションカメラ』は、1600万画素もあるので、高画質な映像を残す事ができます。

『画素』とは、1つの点を表すもので、画像や動画などは、多くの点を使う事によって作る事ができるのです。

本製品は、1600万画素もあるので、なめらかな線や色を表示する事が可能です。

さらに『170度広角レンズ』によって、広い風景を撮影する事ができます。

Amazonでは、税込価格6,680円で販売されているので、気軽に購入できます。

EKEN H6s EIS 4K+アクションカメラ

【進化版】EKEN H6s EIS 4K+ アクションカメラ WIFI連動 リモコン付き 4K 30fps録画 手ブレ補正 タイムラプス性能付き Panasonicセンサー アンバレラ製プロセッサ デュアルスクリーン 1400万画素 170°広角レンズ 三脚架部品 バッテリー二個 ギフトとして勧め 専用ケース 完備セット 「メーカー直販/1年保証付」

『EKEN H6s EIS 4K+アクションカメラ』は『薄型設計』になっているので、気軽に利用できるカメラになっています。

本製品を購入したら、豊富なアクセサリーが付いてきて、様々な利用法が可能です。

さらに新技術『手ブレ補正機能-EIS』が搭載されているので、動く映像を正確に撮影する事も可能です。

Amazonでは、税込価格13,999円で販売されていて、TEC.BEAN 4K アクションカメラより高くなっていますが、GoProに比べれば低価格な機種になっています。

まとめ

中国が発展していき、GoProと肩を並べるほどの中華アクションカメラが登場したのに、メイドインジャパンの元気がない事は、日本人にとっては辛い事かもしれません。

しかし、中華アクションカメラはコスパが優れているので、動画を撮影したい方は、購入してみる価値があります。

画質だけは荒いものがありますが、アクセサリーが豊富にあるので、購入したら満足できる可能性は高いでしょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://photo-tea.com/p/1809/action…
https://news.vesta.onl/2016/03/21/n…
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tok…
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%…
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%…