何故GoProが愛されるのか?その訳に迫ってみた!

【国内正規品】GoPro HERO7 Black CHDHX-701-FW ゴープロ ヒーロー7 ブラック ウェアラブル アクション カメラ 【GoPro公式】

アクションカメラ市場で、長年高いシェアを占めている製品がGoProです。

世界各国で販売されていますが、日本国内でもその販売台数のシェアは高く、70%以上と言われています。

今回はGoProが国内で愛される訳について迫ります。

アクションカメラ市場の中でも、GoProは五万円近くする高額製品ですが、売れているのには確かな理由がありました。




最新モデルGoPro HERO7 BLACKの簡単な紹介と価格

これまでに沢山のGoProシリーズ、モデルが販売されてきましたが、その中でも現時点で最高のスペックを持っている製品が「GoPro HERO7 BLACK」です。

これでもかと言うほど最新の機能が満載のハイエンドモデルで、本体重量が116gと小さいながらに綺麗な4K撮影、夜間撮影が出来ると言った特徴があります。

また、ネットの価格帯は45,000円から50,000円程度で、大手家電量販店でもカメラのコーナーに置かれていたりします。




高いのに売れる4つの理由

GoProのハイエンドモデルは5万円、一番安いモデルでも3万円ほどするので、安いカメラとは言えません。

実際、GoProではない安いアクションカメラなら、ネット通販で数千円の価格帯で販売されています。

数千円でも「4K撮影が可能」と謳った、見た目がGoProそっくりのアクションカメラもある為、カメラに詳しくない方は『なんでGoProだけそんなに高いのだろう』と思ったり『別に安いカメラでも十分だ』と思ういるでしょう。

ただ、GoProの価格は高いですが、価格以上にメリットのあるカメラですので、初めてアクションカメラを使う人にはGoProから入るのがおすすめです。

以下、高くても売れるポイントを解説します。

映像の品質

これはGoProが譲れないポイントです。

安いアクションカメラでも4K撮影が出来ますが、同じ4Kでも同じ映像品質とは限りません。

撮影するカメラのレンズの性能により、撮影後の映像は悪くなったりも良くなったりもするのです。

安いカメラを使ってみたものの、映像品質が期待以下でGoProに乗り換える方もいます。

ただの記録用の映像なら、映像の品質は気にしなくても良いですが、ホームビデオや動画投稿サイトに載せるような動画では映像品質は重要です。

映像品質にこだわりたいなら、最終的にはGoProのような、高品質の映像を残せるアクションカメラを使うことになってくるでしょう。

ブランド

アクションカメラのブランドは沢山ありますが、やはり世界的に有名と言えばGoProです。

日本でもソニーなどの大手メーカーが、アクションカメラを販売していますが、冒頭で書いたように販売数のシェアはGoProほどではありません。

アクションカメラのカテゴリでは、絶対的なブランド力を誇っているのがGoProですので、初めて買う時にも安心して買えるのが魅力です。

無名のブランドは安かったりしますが、無名だとそのカメラを使った方の感想やレビューが少なく、情報収集にも苦労をする場合もあります。

手振れ補正

今では当たり前のようになりつつある手振れ補正機能も、一昔前のアクションカメラには付いていませんでした。

アクションカメラは画角が広い事もあって、手振れ補正が無くてもそれほど映像がブレたりしませんが、補正が付いていないと歩いたり走ったりすれば映像は乱れてきます。

撮影しながら走れば、とても見られたような映像ではなくなるでしょう。

しかし、手振れ補正が付いていれば、走ったりしても映像が乱れず非常に滑らかになります。

また、GoProの最新モデルに搭載されている、ハイパースムーズは従来の手振れ補正よりも更に協力に補正をしてくれます。

手振れを抑えて撮影するための道具として、ジンバルやスタビライザーがありますが、GoProならそれらの道具を使わなくても、手振れの少ない映像が残せるので、使いやすくユーザーから愛されている訳です。

ちなみに、安いアクションカメラだと、手振れ補正が付いていない商品も多々あります。

アクセサリーが充実

アクションカメラをもっと使いやすくしてくれるものが、アクセサリーですがGoProはアクセサリーが充実しています。

メーカーが公式で作っているアクセサリーもありますし、他のメーカーがGoProと互換性があるアクセサリーを作っている場合もあります。

色々なアクセサリーを駆使すれば、更に快適に動画撮影が出来るでしょう。

これからもニーズは高まる

また最近は、動画のサイト人気が高まっていることもあり、ますますGoProの需要は高くなっていくと予想されます。

軽量かつコンパクトで持ちやすいこともあって女性にも人気があります。

購入する前は動画でチェック

そして、これからGoProを使ってみたいと考えている方は、動画投稿サイトに投稿されているレビュー動画をチェックしてみましょう。

人気のカメラということもあって、新しく新商品が発売されたら、すぐにレビューを投稿している方も多いです。

動画をチェックすれば手ぶれ補正機能がどこまで綺麗に補正してくれるのか分かりますし、使ってみた方の素の感想も分かります。

元々が数万円もする高価なカメラですので、レビュー動画の内容を見て、よく考えて購入しましょう。

使ってみよう

GoProには色々と便利な使い方や機能が備わっています。

例えば、スローモーションです。

スローモーションにすると、また違った映像になりますので動画のアクセントとして使うことが出来ます。

動きの激しいスポーツの動画撮影では、スローモーション撮影がかなり役立つでしょう。

スローモーションの他にはタイムラプスもあり、最新のGoProではタイムラプスを更に進化させたタイムワープも使えます。

タイムラプスで撮影すれば、時間の経過が良く分かり、普通に撮影したのとは違う映像にすることが可能です。

一般的なスマホには付いていない、便利機能が備わっているのがGoProの一つの魅力です。

写真撮影も可能

GoProは動画撮影によく使われますが、写真撮影機能もあります。

また、オマケ的な機能ではなく、写真専用の撮影カメラとしても十分使えるほどの綺麗さです。

機種によっては、スーパーフォトと呼ばれる機能が備わっていて、明るいところで撮影する時に起こりやすい白飛びを抑えた撮影が出来ます。

設定をONにするだけで、自動で補正をしてくれるのでとても便利です。

アクションカメラはアウトドアで使われる事も多いですが、外で風景を撮影したい時にはそんなスーパーフォトが活躍してくれるでしょう。

また、保存する時にはjpg形式だけではなく、raw形式で保存できる機種があるのもポイントです。

raw形式で撮影された写真は、圧縮率が低いため写真の品質が良くなるだけではなく、編集をしやすいという利点があります。

プロもよく使っているような形式ですので、動画だけではなくGoProの写真機能もうまく使ってみて下さい。

水中撮影も出来る

普通のカメラは防水加工されていないと、水の中に入れた時に故障してしまいます。

が、最新のGoProは10mもの防水機能があるので、単体で水の中に入れて撮影が出来るメリットがあります。

ハウジングケースを使えば更に深く水の中に潜ることができるので、プロのダイバーの方や趣味のダイビング撮影の時にも利用されています。

防水があると、水に強いので壊れにくくなるという良さもありますので、やはりそういった意味でもGoProはおすすめのアクションカメラです。

まとめ

コンパクトで使いやすいアクションカメラならGoProがおすすめで、小さいながらに便利で使えるカメラ機能がギュッと詰まっています。

映像品質が良い事はもちろん、超強力と言われる手振れ補正があるので動きのあるシーンでの撮影を考えているならGoProを使ってみましょう。

これ一つあれば、YouTube用の動画撮影からブログに使う写真撮影まで幅広く使えます。