手ぶれ補正が優れているアクションカメラ ベスト4選!

4K WIFI アクションカメラ タッチスクリーン 2.45インチ 16MP 170度超広角レンズ 30M防水 手振れ補正 HDMI出力可能 ウェアラブルカメラ 二つバッテリー ドライブレコーダー バイク/自転車/車に取り付け可能 日本語説明書 二年保証 TEC.BEAN (ホワイト)

アクションカメラを利用すれば、高画質な映像を撮影する事ができます。

しかし、機能が低い機種を利用してしまえば、映像がブレてしまって、満足できるような映像のデータを残す事は難しいです。

そこで、手ぶれが起きやすくて困っている方たちのために、手ぶれ補正が優れているアクションカメラを4機種まで紹介するので、参考にしてみて下さい(機種の値段は2019年4月18日時点の情報なので注意)。




4K WIFI アクションカメラ タッチスクリーン

4K WIFI アクションカメラ タッチスクリーン 2.45インチ 16MP 170度超広角レンズ 30M防水 手振れ補正 HDMI出力可能 ウェアラブルカメラ 二つバッテリー ドライブレコーダー バイク/自転車/車に取り付け可能 日本語説明書 二年保証 TEC.BEAN (ホワイト)

『4K WIFI アクションカメラ タッチスクリーン』は、優れた『手ぶれ補正機能』が搭載されているだけではなく、その他にも様々な機能が搭載されているので、その魅力に迫ってみましょう。

製品の基本情報

本製品は『3軸ジャイロスコープ』を搭載していて、手ぶれ・速度・動きの方向を検出できるようになっています。

動きを検出した後は、必要な補正量を計算して『光学的な手ぶれ補正』を実現しているので、イメージ通りの映像を撮影できるようになっているのです(個人差があるので注意)。

本体部分には『2.45インチ画面サイズ』が搭載されているので、画像が確認しやすくなっているので、操作性が向上しています。

風景を撮影する場合には、撮影したい範囲が広すぎて、途中で切れてしまう事はよくある話です。

そこで、本製品は『170度大広角』を実現することによって、パノラマ映像も撮影しやすくなっています。

『車モード』をオンにすれば、ドライブレコーダーとしても利用できるので、多機能なアクションカメラになっているのです。

これほど魅力的なポイントが多い機種でも、Amazonでは税込価格7,999円で販売されています。

利用者たちの満足度

優れた手ぶれ補正機能が搭載されている機種なので、手ぶれ補正がしっかりと聴いている所を気に入っている方がいました。

そのような特徴があるので、手ぶれが起きやすいカメラを利用している方は、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

利用者たちの中には、ドライブレコーダーとして利用してみたら、晴天時でも暗い映像になってしまって、不満を抱いている方がいました。

しかし、アクションカメラは本来であれば、ドライブレコーダーとして利用する物ではないので、ドライブレコーダーはオマケの機能と思ったほうが良いでしょう。




TENKER 4K アクションカメラ SONYセンサー使用

TENKER 4K アクションカメラ 2.45インチ 液晶タッチディスプレイ 日本製SONYセンサー使用 手ぶれ補正 170度広角レンズ 1080P 1600万画素 30m防水可能 WiFi機能搭載 HDMI出力 視角調整可能 メーカー12ヶ月安心保証 水中カメラ スポーツカメラ ウェアラブルカメラ バイク/自転車/車に取り付け可能 「TENKER EX7000 PRO」 (ブラック)

『TENKER 4K アクションカメラ SONYセンサー使用』は、様々な場面で重宝できるカメラになっているので、多くの方たちが満足できる機種になっています。

そのような優れたアクションカメラには、どのような特徴があるのか紹介するので、みていきましょう。

製品の基本情報

本製品は『最新の光学式ブレ補正』を搭載していて、最新ジャンロスコープ式防振技術を採用しています。

優れた防振技術が採用されているので、走行中の画面のブレを補正する事が可能です。

走行中でもブレづらくなっているので、ドライブレコーダーとしても活用する事ができるので、ドライブが好きな方でも、重宝できるアクションカメラです。

本体部分には『7層ガラスレンズ』と『国産SONYセンサー』を搭載する事によって、繊細な色と画質を撮影しやすくなっています。

『水中』でも撮影する事ができるので、様々な映像を撮影する事もできるので、陸上の撮影に飽きてきた方は、本製品を検討してみる価値があります。

連続で写真撮影できる機能も搭載されているので、激しく動くスポーツの場面でも活用する事ができるので、様々な活用法が可能です。

Amazonでは低価格になっていて、税込価格8,999円で購入する事ができます。

利用者たちの満足度

アクションカメラとして利用してみたら、映りがよくなっている上に、手ブレ補正も効いている所を気に入っている方がいました。

本体部分がコンパクトなサイズになっている所を気に入っている方もいたので、あまり荷物にならない機種になっています。

実際に、本製品の機体は、6.0×4.1×2.3cmになっているので、外まで持ち運んでも、それほど邪魔に感じません(個人差があるので注意)。

山で撮影しようとしたら、葉の色が白っぽく見えてしまうケースもあったので、風景によっては上手く撮影できない可能性があるので、気を付けて下さい。

DJI OSMO POCKET 3軸ジンバル 4Kカメラ

【国内正規品】 DJI OSMO POCKET (3軸ジンバル, 4Kカメラ)

『DJI OSMO POCKET 3軸ジンバル 4Kカメラ』は、手に持ちやすいアクションカメラになっているので、大きなカメラを持ちづらい方でも利用しやすくなっています。

そのため、女性でも利用しやすい機種になっているので、どれほどの機種になっているのか詳しく解説しましょう。

製品の基本情報

多くのアクションカメラは、少しだけ幅が長くなっている長方形タイプの形状になっていますが、本製品は縦長のタイプになります。

本体のサイズは、121.9×36.9×28.6mm程度なので、片手で持つ事が可能なので、荷物を持っている時でも気軽に撮影する事が可能です。

コンパクトなサイズになっているだけではなく、多機能なアクションカメラになっていて『モーションプラス』を活用する事ができます。

モーションプラスとは、数時間分の映像を数秒で表示できるようになっているので、普通のカメラでは再現できない映像データを残す事が可能です。

さらに『3×3パノラマ撮影』が可能になっていて、横長になっている広大な風景を撮影する事もできます。

『ストーリーモード』も搭載されていて、撮影パターンとカメラワークを組み合わせて、ビデオ撮影しやすくなっているのです。

値段は少し高くなっていて、Amazonでは税込価格44,947円で販売されています。

利用者たちの満足度

コンパクトなサイズになっているアクションカメラになっているので、軽量タイプになっている所を気に入っている方がいました。

実際に、本体の重量は116gしかないので、バッグに入れても、あまり重く感じません。

ジンバルタイプのカメラですが、安定感が優れていて、満足している方もいました。

そのため、安定感が優れていないカメラを利用している場合には、本製品に買い換えてみる事をおすすめします。

GoPro HERO6 Black

[国内正規品] GoPro HERO6 Black ウェアラブルカメラ CHDHX-601-FW

数多くあるアクションカメラの中でも、圧倒的な知名度を誇っているのが『GoPro HERO6 Black』です。

本製品は、高画質になっている上に高機能な機種になっているので、多くの方たちが満足できるアクションカメラになっているので、その魅力に迫ってみましょう。

製品の基本情報

本製品は、GoPro HERO5よりも手ぶれ補正機能が向上していて、ジンバルを取り付けなくても、あまり映像がブレないようになっています。

画質のほうは『4K60』と『1080p240』で撮影可能になっているので、高画質な映像データを残す事が可能です。

本体部分は『耐久性』と『防水性』が優れているので、乱暴に扱わなければ、長く愛用する事もできます。

実際に、10mまで防水機能を発揮できるので、水深にさえ気を付けていれば、様々な水中映像を撮影できるのです。

暗がりの所でも、あまり暗くならないように撮影する事ができるので『夜間撮影』の際でも重宝できます。

スライダータイプの『ズーム機能』まで搭載されていて、画角調整まで行えます。

値段のほうは、Amazonでは税込価格37,090円で購入する事が可能です。

利用者たちの満足度

本製品は、値段が安いほうではありませんが、値段に見合うほどの性能になっていて、満足している方がいました。

そのようなケースがあったので、値段が少し高くなっていたとしても、コストパフォーマンスが悪い訳ではありません。

本体はコンパクトなボディサイズになっていますが、繊細な映像を撮影できるようになっている所を気に入っている方がいました。

実際に、サイズは、62×44×33mm程度なので、多くの方たちが持ち運びしやすくなっている機種です。

まとめ

手ブレ補正が優れているアクションカメラを利用すれば、映像がブレづらくなるので、風景を撮影するだけではなく、ドライブレコーダーとしても利用できます。

最近の日本では、あおり運転をする方が問題を起こして、ニュースに取り上げられる事もありました。

そのような時でも、ドライブレコーダーとして映像を記録しておけば、相手のほうが悪質である事を証明できるので、手ブレ補正が優れているアクションカメラは利用価値が高いです。

参考URL・参考文献・根拠など

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%…
https://www.amazon.co.jp/TENKER-%E6…
https://www.amazon.co.jp/%E3%80%90%…
https://www.amazon.co.jp/%E5%9B%BD%…
https://www.rentio.jp/matome/2017/1…
https://www.wasshoikitaro.site/entr…
http://yuu-photojournal.hatenablog….