最近話題のGoPro(ゴープロ)って何?思わず欲しくなる基本情報を解説!

SNSで美しい動画や写真がシェアされる時、セットで目にすることも多くなった「GoPro」という言葉。

カメラの名前であることは分かっているけれど、普通のカメラと何が違うのか今更聞けないという方も多いのではないでしょうか。

今回は「GoPro」について初めて聞く人でも分かりやすく、その魅力やできることについて解説します。

小さく軽い防水アクションカメラ「GoPro」

Goproとは、アメリカのGoPro社が販売しているアクションビデオカメラです。

インスタグラムなどのSNSにGoProで撮影された動画や写真が投稿されるにつれて、その独創的な作品に注目が集まり、世界中で静かに注目を集めています。

頑丈で小さいのに高画質な写真や動画が取れると話題に

GoProの特徴といえば、やはり本体の小ささです。

手のひらにすっぽりと収まってしまいそうなカメラは小回りが利いて持ち運びしやすいので、今までカメラを持っていけなかったような場所でも容易に撮影を楽しむことができます。

さらに、小型カメラなのにも関わらず高画質な動画・静止画を撮影できるのもGoProが多くの使用者から愛されている秘密です。

せっかく美しい自然の景色を撮影したのに、解像度が低くてぼやけた出来上がりになってしまっては感動も半減ですよね。

GoProはまるでその場にいるかのような臨場感の高い、リアルな仕上がりの動画・静止画を生み出すことができる最新のカメラなのです。

撮りたいアングルから自由に撮影できる

GoProは専用のオプションパーツを使用することでさまざまな場所に固定して撮影することができます。

例えば両手がふさがってしまう運転中でも、オプションパーツでGoProを車内に固定すれば見逃しがちな風景をしっかりと記録できるでしょう。

もちろん、身体に固定したり普通のカメラのように三脚を使用したりすることも可能です。

GoProとオプションパーツを使いこなせば、アクティブな動画から定点観測まで幅広い作品づくりに役立つでしょう。

GoProで取れる写真の種類

では、実際にGoProで撮影できる静止画はどのようなものなのでしょうか。

GoProでは広角・魚眼無効(リニア)・中間・狭角という4つのモードで静止画を撮影することができます。

この4種類の違いは視野角で、広角が最も視野が広く大きな範囲を撮影でき、中間、魚眼無効(リニア)、狭角という順番で映る範囲が狭くなっていきます。

ちなみに、最も普通のカメラに近い視野角で撮影できるモードは魚眼無効(リニア)モードとなっています。

やっぱり広角が楽しい

4つの撮影モードの中でも特にGoProファンの心をつかむのはやはり広角モードでしょう。

GoProの広角モードは通常のカメラやスマートフォンよりも広い範囲の写真を一気に撮影できる超広角モードとなっています。

さらに、広い範囲を撮影するために画像の端が魚眼レンズのように歪んで丸くなるので、独特な世界観の写真を撮影することができるのです。

GoProで取れる動画の種類

次に、GoProで撮れる動画の種類について見て行きましょう。

まず、GoProではコンパクトな見た目からは想像もつかないくらいダイナミックで高画質な映像を撮れる動画モードが備えられています。

画質の設定も細かくできるので、スポーツ時や乗り物に乗っている時でも激しい動きを撮り逃さず、美しい動画を撮影できるでしょう。

面白い動画も撮影できる

また、GoProにはさまざまな個性的な動画を撮影するモードが備えられています。

例えば、長時間連写した映像をつなぎ合わせることでまるでコマ送りのような動きを生み出す「タイムラプス映像」。

この動画は星の動きや川の流れなど、被写体のゆっくりとした動きを一定の時間に凝縮して早送りのように見せることが可能です。

反対に、通常の速度よりもゆっくりとカメラワークをしたように見せるスローモーション動画というモードもあります。

ドラマチックな演出にだけではなく、スポーツの技をチェックしたり動物の細かい動きを観察したりする時にも役立つでしょう。

これらのモードを使いこなして、自分だけの特別な動画作品を作り上げてみましょう。

GoProが活躍する撮影シーン

色々なモードで動画・静止画を撮影できるGoProですが、実際にどんなシーンを撮影するとGoProの魅力を最大限に活用できるのでしょうか。

今や多くの人々がGoProで撮った静止画や動画をインターネットで配信していますが、その中でも特におすすめの使用方法を紹介します。

思い出を彩る旅先でのセルフィや記念写真を撮る

旅行先で撮る写真と言えば、仲間が集まった記念写真や背景と自分を映したセルフィですよね。

GoProの広角モードを使えば、普通よりも広い視野角での写真撮影が実現するので旅行先での思い出がより一層引き立つ写真を撮影できます。

GoProでセルフィや記念写真を撮る時にはセルフィ用のオプションパーツや遠隔でシャッターを切れるスマホのアプリを用意しておきましょう。

臨場感たっぷりなスポーツアクティビティを記録

もともと、GoProはスポーツを記録するために生まれたアクションビデオカメラです。

そのため、特にスキーやスノボ、スケボーなど激しい動きと移動が行われるスポーツでその真価を発揮するでしょう。

ヘルメットや帽子、身体にGoProを装着してスポーツ時の動きを撮影すればまるで実際にそのスポーツをしているかのような視点での個性的な動画が撮影できます。

もちろん、撮影はスポーツだけではなくドライブやツーリング時にも活躍します。

バイクにGoProを固定し動画を撮影すれば、ツーリングで見た景色をそのまま記録できてどんな道を走ったか、どんな景色を見たのかを何度でも見直すことができるでしょう。

防水を活かした水中での撮影にもぴったり

GoProは防水設計が施されているので、水中・水上アクティビティでの動画撮影も簡単に行えます。

特にダイビングなど水中の美しい景色を楽しむ際には、高画質で広角なカメラモードがぴったり。

水の中でしか見れない幻想的な景色を撮影して、仲間や家族と共有しましょう。

真似したいGoPro動画の関連ハッシュタグ

最後に、世界的にGoPro作品がシェアされているインスタグラムから、美しい動画や写真が投稿されているGoPro関連のハッシュタグをいくつか紹介します。

GoProでできることを知ったら、あとは実際にGoProを使っている人々の動画や写真を見て「自分だったらどんな写真が撮りたいか」と夢を膨らませてみましょう。

人の撮った作品を見ていると、すぐに撮影に出かけたくなるようなインスピレーションが沸いてくるかもしれません。

インスタグラム「#GoProのある生活」

日本のGoProユーザーをメインに使われているハッシュタグが「#GoProのある生活」です。

このハッシュタグは特に国内の女性を中心に人気を集めており、投稿数はなんと100万件を超えています。

投稿の内容は旅行先から、スポーツの記録、日常風景などさまざまですが特に多いのはセルフィ写真。

おしゃれで個性的なアングルが多く見られるのでセルフィ撮影の参考にしてみましょう。

インスタグラム「#GoProTravel」

美しい世界の景色を見てみたいなら、「#GoProTravel」というハッシュタグにアクセスしましょう。

世界中のリゾート地や観光地を始め、山や海など自然地帯まで今まで見たことのないような絶景がGoProによって撮影・シェアされています。

見ているだけで世界旅行に出かけたような気持ちになるハッシュタグは、次の旅行先を決めるきっかけにもなりそうですね。

まとめ

「GoPro」は動画や写真撮影において大きな可能性を秘めている次世代のアクションビデオカメラです。

今回は専門知識が無い方にも分かりやすくGoProの基本知識をまとめました。

もし少しでもGoProについて興味を持ったら、まずは試しに一度撮影を行ってみましょう。

今まで知らなかった世界を知って、動画・写真撮影の魅力の虜になるかもしれません。