激安のアクションカメラを使って分かったGoPro(ゴープロ)が持つ5つの魅力

良い物と悪い物の両方を使ってみて初めて、良い物が持つ本当の魅力が見えてくるものです。

今回は私が激安のアクションカメラを購入し、実際に使ってみて分かったGoProが持つ5つの魅力を解説します。

私の場合は激安アクションカメラからGoProへ乗り換えたのですが、GoProは本当に凄く、多くの方に使われている理由が分かりました。




激安のアクションカメラとGoProの価格

私の場合は、Youtubeやニコニコ動画に投稿する為の動画を撮影するためにアクションカメラを購入しようと思いました。

そして、購入する時に候補に上がってきたのが、激安のアクションカメラとGoProです。

GoProは非常に有名なカメラで、私も名前は知っていたので、最初はGoProを買おうと考えていました。

ですが、ネットで価格を調べてみると5万円もしたので、「これはちょっと高すぎる」と思い、もっと安い商品がないか探してみた所、激安のアクションカメラが約4千円の価格で販売されていました。

GoProが5万円ですので、約10分の1の値段で買える計算です。

見た目もGoProと似ていましたし、防水ハウジングが付いていたり、4K撮影が可能だったりと魅力的な機能や性能がありましたので、私は最初GoProではなく激安のアクションカメラから購入しました。

ネット通販で購入した激安のアクションカメラなのですが、商品が届いてみると、カメラ本体に加えてマウントパーツやアクセサリーや撮影用のリモートコントローラー等が入ったバッグも付いていて、その時は買って良かったと感じました。

また、その後に買ったアクションカメラを使ってみたのですが、一応起動しましたし、動画もHDやフルHDに加え4Kも問題なく保存することが出来ました。




使い続けると激安のアクションカメラに不満が出てくる

と、激安のアクションカメラを購入した当初は、ある程度動画撮影に問題なく使えたので、とても気に入っていたのですが、長く使っていると段々と激安のアクションカメラの粗悪な部分が目立ってきました。

私の場合は、スマートフォンとWIFI接続でまず苦戦した感じです。

激安のアクションカメラは中国製で、日本語の説明書は付いていましたが、説明書に従ってネットから接続アプリをインストールし、設定をONにしても接続出来ませんでした。

そして、あれこれ設定をいじり、半日ほど経ってやっと接続することが出来ました。

やはり激安のアクションカメラは、説明書が親切ではない部分が多いものもあり、機械に疎い人にとってはハードルが高いです。

また、WIFI接続の他には、同梱されていた予備バッテリーの接触が悪くて、バッテリーを認識してくれず、録音音量が小さくて使い物になりませんでした。

加えて、個人的に一番問題だと思ったのが動画の品質です。

4Kで撮影するとCPUの性能が良くないのかカクカクしてしまい、フルHDで撮影した動画はぼやけた感じになり、自然の風景する時に物足りませんでした。

激安だからとある程度覚悟はしていたのですが、私の場合は、使えば使うほどその画質の悪さが気になり大きなストレスになりました。

激安のアクションカメラは確かに安いですが、こういったちょっとした所で不満が出てくることもあるので気を付けたほうが良いです。




GoProに乗り換えたら不満が全て解決した

そこで、激安のアクションカメラの失敗に懲りて、次に私が購入した商品がGoProです。

新品を通販サイトで購入しました。

使ってみると今まで使っていたアクションカメラが玩具のように感じるほど、その品質が高くて驚きました。

特に一番私が気にしていた画質については非の打ち所がなく4Kも非常に滑らかに撮影できてとても良かったです。

その他、HDもフルHD画質もぼやけたりすることが無かっただけではなく、コントラストがハッキリしていてとても見やすい映像となっていました。

少しでも綺麗な動画撮影をしたい人には、GoProはおすすめです。




GoProの5つの魅力はどこか

GoProを買ってみて、私が特に「これは凄い」と感じた5つの魅力があります。

本体に防水がついてる

今まで私が使っていた激安のアクションは、そのままでは水中撮影が出来ない仕様でした。

水中撮影をしたいとなったら、一々ハウジングケースの中に入れなければならず、その出し入れもかなり面倒です。

しかし、私が買ったGoProのモデルはそのままでも、10mもの防水性能があり水中撮影が気軽に出来ます。

また本体に防水性能があれば、雨の日の撮影も使っているアクションカメラが故障しないか心配しながら使わなくても良くなります。

防水性能が本体についている携帯電話やスマホを使ったことが有る方なら分かると思いますが、この防水性能があるのはGoProの大きなメリットです。

手ブレ補正あり

最新のGoProは手ブレ防止機能の向上に力を入れているようで、その補正具合は安いスタビライザーを凌ぐレベルです。

GoProは激安のアクションカメラよりかなり高いですが、手ブレ補正機能があるだけでも個人的には数万円の価値があると感じます。

実際、電子スタビライザーを新品で購入すると数万円するので、カメラとスタビライザーを別々に購入するならGoProを買ったほうがお得な事もあるでしょう。

頑丈

激安の商品にありがちな事は、本体やパーツが直ぐに故障したり、部品が取れたりしてしまうことです。

安い商品はコストカットをするために、使っている素材や製造過程を工夫するのでそんな事が起きてきます。

それに対して、GoProはとても頑丈です。

スキーを滑る時にGoProを使って撮影した事もあり、そこで何回か落としたりもしましたが全然問題ありませんでした。

本体が頑丈なので、よりハードな撮影シーンにも使えます。

ネットにユーザーの口コミや情報が多い

その他にGoProで良かったと思ったことは、ユーザーが多いので、困ったことがあったらネットの掲示板で聞けば直ぐに質問に対する答えを聞けたことです。

これがマイナーな激安アクションカメラだと、ユーザーが少ないため、答えられる人が少ないばかりか、ネットに情報が何もなかったりします。

情報がネットになければ、問題は全て自分で解決しなければいけないので、その点ユーザーが多いGoProは安心です。

激安のアクションカメラにもサポートや補償があったりしますが、ものによってはサポート体制が悪いこともあります。

大企業、それもアクションカメラで不動の地位にあるGoProはサポート体制も良いので、初心者の方には特におすすめです。

純正品のパーツやアイテムが豊富

GoProは公式が作っている純正品のパーツやアイテムが多いので、本体との相性もバッチリですし、規格が合っているかなど確かめる手間も減ってきます。

アクセサリーやマウントパーツの多さに関しては、激安アクションカメラでは敵わない部分もありますので、色々とカスタムしてGoProを使っていけるのは魅力です。

純正品なら、品質もある程度保証されますので、激安商品と比べて直ぐに壊れたりしにくいです。




安物買いの銭失いなりたくないならGoProから

アクションカメラを購入する時に、激安のアクションカメラにするかGoProにするか迷ったら、個人的にはGoProを選ぶのがおすすめです。

激安アクションカメラも良いところはありますが、私のように安物買いの銭失いなる可能性があります。

安物を買って、不満が溜まってイライラするより、最初からGoProを買ったほうが精神的にも良いです。

ですから、初心者こそGoProが良いでしょう。

ちなみにGoProにはエントリーモデルもあります。




まとめ

以上が激安のアクションカメラとGoProの両方を利用した私の感想と体験談です。

人それぞれアクションカメラに求めるものは変わってきますが、使いやすさや品質重視なら、GoProから使ってみましょう。

多くのプロが使ってるカメラですので、勝手後悔する事も少ないですし、仮に後悔しても人気のアクションカメラなのでオークションでもそれなりに良い値段が付くので高く売れたりします。

私はこれからもGoProを愛用して行く予定です。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!