GoPro(ゴープロ)の動画を編集する重要性!ドローンも効果的?

GoProを利用すれば、高画質な動画を撮影する事が可能になりますが、そのデータを編集すれば、様々なメリットを得る事ができます。

しかし、その動画を編集する方法が分からない方も多いでしょう。

そこで、動画を編集する方法や、アクセサリーやドローンなどを紹介しましょう。

今まで、GoProを詳しく知らない方でも、その編集方法を知る事ができれば、以前よりも撮影する事が楽しくなるはずです。




動画を編集する重要性

GoProを利用した事がない方は、動画を編集するメリットを知らなければ、利用価値の高さも理解できないかもしれません。

そこで、動画を編集するメリットや、GoProの利用価値などを説明するので、確認してみて下さい。

高い集客効果

高画質な動画をHPやブログなどに投稿しても、そのままのデータでは、見やすいとは限りません。

それに引き換え、多くの方たちから注目されている動画データは、編集されている場合が多いのです。

実際に、動画を編集しておけば、見やすい動画にできる上に、多くの方たちから惹かれやすい動画にする事もできます。

注目度の高い動画データをHPやブログに掲載する事ができれば、高い集客効果を期待できるので、インターネットで副業する事も可能です。

値段の高いGoProを購入したとしても、副業でお金を稼げる事ができれば、余裕のある生活を送る事もできます。

ライバルと切磋琢磨

HPやブログに、編集した動画をアップする際には、編集方法を説明しておけば、同じユーザーと交流する事もできます。

多くのユーザーと交流できれば、あなたが多くの方たちに影響を与える事もできれば、他の方の編集方法を参考にする場合もあります。

他のユーザーと切磋琢磨していけば、短期間でイメージ通りの撮影が可能になりますし、今までにない編集方法を習得する事も可能です。




GoPro Quikを利用するメリット

動画を変種する方法はいくつかありますが、その中でも最もおすすめする方法が、編集アプリ『GoPro Quik』の利用です。

この編集アプリを利用すれば、簡単に動画を撮影できるようになるので、詳しく解説します。

テキストを追加

GoPro Quikを利用すれば、テキストを追加する事ができます。

動画に『タイトル』や『キャプション』などの文字を追加する事ができたら、管理しやすくなります。

例えば、サイクリングロードを撮影した場合に、東京都から神奈川県に移動するデータを保存したとしましょう。

この場合は、何も編集しておかなければ、どこから神奈川県に移ったのか分かりづらくなってしまいます。

そこで、神奈川県に移ったところで、テキストで神奈川県に入った事を追加しておけば、後になって分かりやすくなるのです。

音の調整

GoProを撮影した動画をインターネット上にアップした時に、多くの方たちが行ってしまう失敗例が『無音データ』です。

自然を撮影した時に、鳥のさえずりを録音したい場合であれば、無音でも構いません。

しかし、BGMが追加されているサイクリング動画と、何もBGMが付いていないサイクリング動画では、BGMが追加されているほうが注目されやすいです。

GoPro Quikは、音の調整も行えるので、集客効果を高めたい場合には、BGMの追加を考えたほうが良いでしょう。

スピード表示

サイクリングしている際に、GoProを撮影する場合には、どの程度のスピードで走行しているのか表示する事ができれば、トレーニングの参考にもなります。

GoPro Quikを利用すれば、動画のデータにスピードを表示する事もできるのです。

何もスピードが表示されていない動画に比べたら、スピードが表示されているほうが、レーシングゲームの画面を見ているようで臨場感が出てきます。

そのため、今までにない動画を作成したい場合には、スピードを表示させる方法もおすすめです。

スピード調整

スポーツをしている際には、早い打球をスローモーションの動画で再生したい場合もあるでしょう。

GoPro Quikでは、スピードを調整する事もできるので、動きを遅くする事もできれば、早くする事もできます。

動画のスピードを自由自在に編集できるようになったら、それはスポーツ番組に近い動画をインターネット上にアップする事もできるので、多くの方たちに注目してもらう事もできます。

さらに、打球を解析する事にも役立つので、あなたの好きなスポーツの実力をあげる事も可能です。

おすすめのアクセサリー

GoProには、様々なアクセサリーが販売されていいます。

そのアクセサリーを併用しなければ、様々な動画を作成する事が難しくなってしまうので、おすすめの製品を2種類まで紹介しましょう。

GoPro ハンドルバーシートポストマウント

サイクリングをしている時に、GoProを撮影する場合に欠かせないアクセサリーの一つとして『GoPro ハンドルバーシートポストマウント』が挙げられます。

本製品は、自転車のハンドルに取り付ける事ができて、その上からGoProを取り付ける事が可能になっているのです。

そのため、サイクリングをするだけで、ハンドル上からサイクリングしている時の風景を撮影する事ができます。

ただし、GoProを取り付けている時に、転倒した場合には、故障する可能性があるので取り扱いには注意して下さい。

GoPro ベンテッドヘルメットマウント

GoPro ハンドルバーシートポストマウントのように、自転車のハンドルにGoProを取り付けた場合には、転倒した時に故障してしまいますが、ヘルメットに取り付けられるアクセサリーもあります。

それが『GoPro ベンテッドヘルメットマウント』です。

本製品は、ヘルメットの上に取り付ける事ができるので、仮に自転車が転倒した場合でも、頭から落ちない限りは、GoProが故障する可能性が低くなっています。

ヘルメットを装着する事が、面倒に感じない限りは、本製品を検討してみる価値があるでしょう。

ドローンを併用した場合のメリット

ドローンを併用した場合でも、いくつかメリットを得る事ができて、今まで不可能だった撮影が可能になります。

それでは、どのようなメリットがあるのか説明するので、確認してみて下さい。

空中撮影が可能

ドローンは、無人機で空中を飛行する事ができて、この機種にGoProを装着させる事が可能になります。

実際に、GoProを利用して動画を撮影している方たちの中には、ドローンを利用して空中撮影している方は何人もいるのです。

スマホでは、空中撮影する事は、現時点では難しいのが現状です。

そのため、ドローンを利用する事によって、多くのライバルたちに差を付ける事ができるので、集客効果をあげる事ができます。

労力をカット

山並みや川辺を撮影する際には、険しい道を通らなくてはいけないケースがあるので、簡単には撮影できない場合があります。

しかし、ドローンにGoProをセットして飛行させれば、そのような労力をあまり使う必要がないので、様々な動画を撮影する事が可能です。

特に、山並みを撮影する場合には、木々に近づけて鳥を撮影する事ができます。

登山をする事が好きな方であれば、ドローンによって、山道を最初に撮影しておいて、下準備をしておく事も可能です。

まとめ

GoProを利用するだけでも、他の方たちが撮影した動画よりも、集客効果の高い動画をインターネットにアップする事ができます。

集客効果の高い動画データによって、副業する事もできますが、ライバルたちの中には、動画を編集している方も多くいるのです。

そのため、少しでも集客効果を高めたい場合には、動画を編集してからインターネットにアップしたほうが良いでしょう。