GoPro(ゴープロ)の撮影をサポートするジンバルの魅力とは?

Zhiyun Smooth 4 新登場 3軸ハンドヘルドジンバルスタビライザー 映画制作 遅延撮影 即時シーン遷移PhoneGoモード 12h運転時間 ーブラック (黒い)

GoProを利用すれば、高画質な写真を撮影する事ができますが、手ぶれが起きてしまえば、美しい景色を撮影する事ができません。

そこで、GoProの撮影をサポートするアクセサリーとして『ジンバル』が注目を集めています。

このジンバルを利用すれば、手ブレが起きづらくなるのです。

そのため、手ブレに悩まされてきた方には興味深いアクセサリーだと思うので、ジンバルについて詳しく解説します。




GoProの撮影をサポートするジンバル

手ブレに悩まされてきた方にしてみれば、ジンバルを利用するだけで、本当に手ブレを抑えられるのか半信半疑でしょう。

そこで、ジンバルの特徴について説明するので、確認してみて下さい。

手ブレを抑制

ジンバルが、GoProの手ブレを抑えられるのは、手動ではなく自動でGoProを水平に保てるからです。

実際に、ジンバルにGoProを装着させる必要はありますが、手動ではGoProを利用している時と変わらないので、手ブレが起きてしまいます。

そこで、ジンバルは人間の手をあまり借りないで、自動でGoProを水平に保つ事ができて、手ブレを抑える事が可能になっているのです。

ジンバルには、大きく分けて2つのタイプがあって、それが『機械式スタビライザー』と『電気式スタビライザー』です。

どちらでも手ブレを抑える事はできますが、仕組みが違っているので、あなたの好みに合うほうを選んだほうが良いでしょう。

機械式スタビライザー

機械式スタビライザーは『やじろべえ』のように、左右のどちらにも傾かないように水平に保てるように、バランスを取るタイプになります。

このタイプは、重りや装着位置を調整してくれるので、それほど複雑な構造ではありありません。

そのため、値段も安い機種が多いので、アクセサリーにあまりお金をかけたくない場合には、機械式スタビライザーのほうがおすすめです。

ただし、このタイプはシンプルな構造になっているので、ある程度まで調整をする必要があるので、注意して下さい。

電気式スタビライザー

電気式スタビライザーは、機械式スタビライザーとは大きく違っていて、水平に保てるように感知できる装置が内蔵されているのです。

実際に、このタイプはモーターが自動調整してくれるので、あまり手間暇をかけなくてもGoProを水平に維持できるようになっています。

そのため、操作性が優れているタイプになるので、多くの方たちが購入した後に、短期間で操作に慣れる事が可能です。

ただし、複雑な構造になっている事から、値段が高くなっている機種が多いというデメリットもあります。




ジンバルを選ぶ際のポイント

ジンバルの特徴やタイプを理解したら、購入したくなった方も多いでしょう。

しかし、ジンバルを購入する際には、いくつか抑えておくべきポイントがあります。

そのポイントを把握しないで購入してしまえば、後悔する事になってしまうので詳しく紹介しましょう。

バッテリー稼働時間

ジンバルは、自動で水平に保つようになっていますが、バッテリーが切れてしまえば、水平に保つ事ができません。

そのため、バッテリーが長く持つ機種を選ばなければ、長時間に渡って撮影したい方は、途中でバッテリーが切れてしまう可能性が高いのです。

ただし、バッテリーが長いジンバルを選ぼうとして、値段が高すぎる機種を購入してしまえば、その後に後悔する場合もあります。

そのため、価格とバッテリーのバランスを考えて、ジンバルを選ぶようにしましょう。

サイズ

ジンバルは、手ブレを抑えられるアクセサリーとは言っても、サイズが大きい物から小さな物まであります。

もしも、サイズが大きすぎるジンバルを選んでしまえば、外出先まで持ち運ぶのが辛く感じてしまうので注意しなければいけません。

それに引き換え、サイズが小さすぎるジンバルを選んでしまえば、GoProをセットした後に持つ事が難しくなってしまう場合もあります。

そのため、サイズでジンバルを選ぶ場合にも、バランスの事を考えて、長すぎず短すぎないものを選んだほうが良いです。

使用感

ジンバルを選ぶ際に、見落としがちなのが『グリップ性能』です。

グリップ性能が悪いジンバルを利用してしまえば、最悪のケースでは撮影しようとした時に、手から全てジンバルやGoProを落とす可能性があります。

ジンバルとGoProは両方とも、精密機器なので、落下してしまえば故障する可能性が高いので注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、GoProを選ぶ際には、手にフィットしやすい機種を購入するようにして下さい。




おすすめのジンバル

ジンバルを選ぶ際のポイントを紹介しましたが、様々な機種が販売されているので、悩んでしまう方もいるでしょう。

そこで、数多くある機種の中から厳選して、おすすめの2機種を紹介するので、参考にしてみて下さい。

Zhiyun Smooth4

Zhiyun Smooth 4 新登場 3軸ハンドヘルドジンバルスタビライザー 映画制作 遅延撮影 即時シーン遷移PhoneGoモード 12h運転時間 ーブラック (黒い)

Zhiyun Smooth4は、2018年4月頃に発売されたばかりの新機種になります。

新しい機種なので、性能も優れていて、連動駆動時間が12時間と長くなっています。

さらに、本製品はGoProだけではなく、スマホを装着させる事もできるのです。

そのため、GoProが故障した場合でも、スマホを持っていれば本製品と併用して、手ブレを抑えながら写真撮影する事も可能です。

このように性能と利便性を両立しているジンバルでも、価格は1万円台になっているので、コストパフォーマンスが優れています。

FEIYU TECH G6

FEIYU TECH (フェイユーテック) G6 3軸ジンバル カメラスタラビザー 生活防水 Gopro Hero 6/5 アクションカム対応【国内正規品・日本語説明書付き・国内保証1年】

FEIYU TECH G6は、Zhiyun Smooth4とは違って、連動駆動時間が6~8時間となっていて、少し短くなっています。

しかし、他のジンバルに比べたら、長い連動駆動時間になっているので、利用しやすい機種です。

そして、本製品はアプリと連携させる事によって『遠隔操作』する事ができるのです。

連動駆動時間が短くなっていたとしても、遠隔操作できる事を考えたら、本製品は利用価値の高いジンバルと言えるでしょう。




GoProを選ぶ際のポイント

自分の好みに合うジンバルを購入したとしても、肝心のGoProの選び方に失敗をしたら意味がありません。

そこで、GoProを選ぶ際のポイントも解説するので、みていきましょう。

耐久性

GoProの性能が高い機種を選んでも『耐久性』が優れていなかったら、短期間で故障してしまいます。

実際に、多くのGoProは『防水性』が優れていて、水深10mまで撮影する事が可能になっていますが、機種によっては水中撮影する時にGoPro本体へ浸水してしまう事があるのです。

さらに、少しの衝撃で故障するようなGoProを購入してしまえば、気軽に撮影する事もできません。

そのため、GoProを選ぶ際には、耐久性が優れている機種を購入するようにして下さい。

機能の種類

GoProは、機種によって機能に大きな差があります。

上位機種にもなれば、音声で操作する機種もあって、手を使えない時でも利用する事が可能です。

それに引き換え、下位機種は音声で操作する事ができないので、注意しなければいけません。

さらに、上位機種の中には、スローモーションで再生できる物まであるので、多くの方たちが満足できる機能が搭載されています。

ただし、あまりにも高機能な機種は、値段が高くなっているので注意して下さい。




まとめ

ジンバルは、手ブレを抑えられるアクセサリーですが、アクセサリーを持ったら手ブレが起きてしまうものと思っていた方は多いでしょう。

しかし、ジンバルは、自動で手ブレを抑えてくれるので、少し不器用な方でもジンバルを利用すれば手ブレを抑える事は容易です。

そのため、今までGoProを利用する際に、手ブレが起きていた場合には、ジンバルを検討してみる価値があります。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!