GoPro(ゴープロ)をもっと便利に使うには?おすすめアクセサリー4選

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ 3-Way AFAEM-001

GoProは、広い範囲の撮影や水中での撮影ができる便利なアイテムです。

通常のカメラでは難しい撮影が簡単にできるので、普通に使うだけでもかなり便利ですが、その便利さをさらに増す方法もあります。

そのためには、専用のアクセサリーが必要です。

では、GoProの代表的なアクセサリーをいくつか紹介していきましょう。

GoPro 3Way AFAEM-001

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ 3-Way AFAEM-001

GoProを使うときは、「どうやって固定するか」という問題に悩まされることがあります。

いろいろな撮影ができて便利なことは確かですが、しっかりと固定しておくことができなければ、デメリットが発生しまうのです。

例えば、普通に写真を撮るだけでも、GoProを持った手がシャッターを押す瞬間に動いてしまえば、撮影された写真はブレてしまいます。

きれいな写真を撮るためには、そうした余計な動きを抑えなければなりません。

とはいえ、自分で注意して100%完璧にできるとは限らないため、単純に強く意識しただけでは解決できない場合もあります。

自分では動かしたくないと思っていても、「なぜか微妙に動いてしまった」ということもよくあるのです。

そんなときに役立つのが、このGoPro 3Wayになります。

GoPro 3Wayは、さまざまな形でGoProを固定することができるので、手の動きによるブレをしっかり防いでくれます。

3つの形態に変化

GoPro 3Wayの「3Way」という部分は、3通りの使い方ができることを意味しています。

三脚・自撮り棒・延長アームという3種類の形態に変化するため、状況に合わせた固定が可能になるのです。

自撮り棒や三脚は、それぞれ別々に買い揃えて使うこともできますが、3つの使い方ができるGoPro 3Wayなら、1個で事足ります。

三脚としても自撮り棒としても自由に使うことができるので、好きなようにGoProを固定しましょう。

それなら、手が動いてブレることはなくなります。

タイムラプスでは必須

GoProの固定は、タイムラプスのように長時間の撮影が必要になるときは、必ず行わなければなりません。

一瞬シャッターを押すだけなら手で持っていても問題はありませんが、長い時間同じ位置から録り続けるような状況だと、手を動かさずに固定しておくのは無理があります。

そんなときは、GoPro 3Wayの三脚形態を使ってください。

しっかりとGoProを固定することができれば、定点撮影が容易になり、タイムラプスもすんなり撮ることができるのです。

指が入らない

GoProの撮影では、写真に自分の指が写ってしまい、あとからがっかりしてしまうことがあります。

しかし、Goro 3Wayできちんと固定しておけば、そのような失敗が起こることはありません。

自分の手で持つ必要がないため、指が入ることはなくなるのです。

シャッターはスマートフォンの方から操作することができるので、GoPro 3Wayをうまく使い、よりきれいに撮れるようにしていきましょう。

GoPro ダイブハウジング AADIV-001

GoPro Hero5 Black 防水ハウジング ダイブハウジング AADIV-001互換品 レンズを外す必要なし

GoProは防水仕様になっているので、多少濡れても問題なく撮影を続けることができます。

そのため、海や川など、水がある場所で撮影をするときは便利です。

通常のカメラだと、どうしても濡れることが気になってしまいますが、GoProならまったく問題はありません。

沈んでも故障することはないため、水中の映像もたっぷり撮ることができるのです。

ただし、いくら防水でも、あまり深いところに沈めた場合は、さすがに無事では済みません。

ダイビングなどで深い場所の映像を撮りたいときは、どうにかしてダメージを軽減する必要があります。

そこで役立つのが、このダイブハウジングです。

ダイブハウジングは、GoProを守るためのケースであり、高い防水機能を備えています。

GoProにダイブハウジングを取りつけていれば、水深60mまでなら、ノーダメージで撮影を続けることができるのです。

映像はクリア

ダイブハウジングは、ケースでGoProを覆うことになるため、「映像の質が落ちるのでは?」と不安になることもあります。

しかし、実際には心配する必要はありません。

ダイブハウジングはスケルトンのカバーになっているため、装着しても撮影を邪魔するようなことはなく、しっかりときれいな映像を撮ることができるのです。

また、映像だけでなく、音の劣化も起こりません。

ケースで覆うとなれば、普通の撮影はできないようなイメージもありますが、デメリットがほとんどない設計になっているので、どんどん使っていきましょう。

傷を防ぐためにも

GoProで水中を撮影するなら、硬いものにぶつかったときのダメージにも注意しなければなりません。

川にしても海にしても、水中には岩などがあるため、撮っているいるうちに接触してしまう可能性があるのです。

常に気をつけていれば頻繁にぶつけるようなことはないとしても、波で流されるたりすることもあるので、絶対安全というわけにはいきません。

ダイブハウジングには、そうしたデメリットを防ぐ効果もあります。

プラスチックのケースをつけた状態で使えば、多少岩に擦れたとしても、GoPro本体が傷つくようなことはないのです。

劣化を防いで長持ちさせるためにも、ぜひ使ってみてください。

ヘッドストラップ&クリップ ACHOM-001

【国内正規品】 GoPro 用アクセサリ ヘッドストラップ&クリップ ACHOM-001

GoProは、アウトドアでさまざまな使い方ができる楽しいアイテムです。

バイクや自転車を使うときに一緒に持って行けば、移動しながらの撮影も可能になります。

そのためには、このヘッドストラップが便利です。

乗り物に乗ったままの撮影では、普通にGoProを持つわけにはいきません。

片手にGoProを持って運転したりすると、事故のリスクが高まります。

それを避けるためには、ストラップでヘルメットに固定するアイテムが必要になるのです。

ヘルメットにGoProを固定することができれば、手が塞がることはないため、しっかりと運転することができます。

それでいて撮影の方も疎かにはならないため、乗り物で移動するときの撮影には最適です。

滑り止めで安心

ヘルメットにGoProをつけるときは、本当に固定できているか心配になることがあります。

しかし、この製品には滑り止めのラバーがあるため、一度取りつけてしまえば、簡単に外れるようなことはありません。

高いグリップ力でがっちりと固定してくれるので、安心して撮影を続けることができます。

また、ストラップの幅が広くなっていることも、安定性を高めているポイントのひとつです。

細いとうまく固定できなくなってしまいますが、広い面積でしっかり締めることができれば、ちょっとやそっとの揺れで落ちたりはしません。

移動中の撮影を考えているなら、積極的に使っていきましょう。

チェストハーネス GCHM30

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ チェストハーネス Chesty GCHM30

GoProは、スポーツで激しく体を動かすときも使うことができます。

そのために必要になるアイテムが、このチェストハーネスです。

チェストハーネスを使うと、GoProを自分の体に固定することができるため、手の自由が奪われる心配はありません。

それなら、手を使うスポーツの最中であっても、常にGoProによる撮影ができるのです。

サッカーやバスケットボール、スキーなどでチェストハーネスを使った撮影をすると、胸のあたりに固定したカメラにより、大迫力の映像を撮ることができます。

まるで画面の中に入り込んだような映像になるので、面白い動画を撮りたいときはおすすめです。

まとめ

GoProは、さまざまなアクセサリーをうまく組み合わせることで、使い道が広がります。

水中の深い場所での撮影や、乗り物で移動しながらの撮影は、便利なアクセサリーがあるからこそ、自由に行うことができるのです。

ここで紹介したのはごく一部の代表的なものですが、他にもいろいろなアクセサリーがあるので、自分の目的に合いそうなものを探してみてください。