「トレイルカメラ ABASK」レビュー

防犯カメラ トレイルカメラ ABASK 【2020年最新型】屋外カメラ 電池式 暗視カメラ 90°撮影範囲 人感センサー IP66防水防塵 野外用 1600万画素 1080PフルHD 夜間不可視赤外線ライト搭載 上書き録画 32G SDカード 18ヶ月保証 日本語取扱説明書付き

今回は、「トレイルカメラ ABASK」のレビューを行っていきます。

動きがあった時だけ録画することができ、防犯カメラとして利用できます。また、タイムラプス機能もあり、天気や植物の変化なども楽しめます。

それでは製品を見ていきます。
>>おすすめGoPro・アクションカメラランキング


「トレイルカメラ ABASK 【2020年最新型】」

今回紹介する製品は、「トレイルカメラ ABASK 【2020年最新型】」です。

防犯カメラ トレイルカメラ ABASK 【2020年最新型】屋外カメラ 電池式 暗視カメラ 90°撮影範囲 人感センサー IP66防水防塵 野外用 1600万画素 1080PフルHD 夜間不可視赤外線ライト搭載 上書き録画 32G SDカード 18ヶ月保証 日本語取扱説明書付き
Amazonで紹介されている特徴は以下です。

  • 【配線不要ですぐに使える簡単録画カメラ】:一般的な監視カメラと比べて、本製品は乾電池式で、電源などの配線工事不要、設置工事費不要て安価に設置ができます。正規ブランドの1.5V定圧単三形電池を使用してください。ご注文日から18ヶ月の間、ご使用いただいている製品に不具合と思われる事象が生じた場合、お気軽ご連絡ください。ご確認後、迅速に新品と交換致します。株式会社ABASK JP(以下、当社)では、現在、他の出品者、オークションサイト(以下、他の出品者等)への出店および出品許可は行っておりません。ABASK JP以外の出品者を購入する場合、当社は海賊版に18ヶ月の製品保証を提供しません。くれぐれもご注意ください。
  • 【最大IP66防水・防塵等級】:屋内でも屋外でも使えるよう、防塵・防水性にこだわった設計です。黄砂やゲリラ豪雨といった極端にハードな天候であっても安心してお使いいただけます。柱や木に巻き付ける固定ベルト、壁やコンクリート用の固定金具を付属しており、撮影したい場所に簡単に設置できます。
  • 【高感度な人体・動体センサー(PIRセンサー)】:最大20mの遠距離と最大90°の広範囲以内の人や動物を自動的に記録する。動きを検知した時だけ自動撮影。監視時間帯を選んで録画したり、センサーの感度や範囲を調整できるので、電池の消耗を抑えられます。待機時間は最長8ヶ月です。※テストモードで赤い光は人感センサーではありません、カメラの位置を確認用の指示ライトです。赤い指示ライトはオンモードで最初の15秒のカウントダウンだけで点灯します、15秒後は点灯しません。
  • 【32GBメモリカード附き・自動上書き機能】画像・動画はメモリカードに保存されます。他店は別途購入の必要がある、当店は32GBメモリカード(Class 10規格)は一切の追加料金無しで無料で付属します。最新型はSDカードをトレイルカメラに内装のパッケージです。SDカードを見れないの場合、トレイルカメラのsdカードスロットにご確認いただきますようお願いいたします。メモリカードがもし満杯になってしまった場合、古いデータから削除して新しいデータを自動的に残して行きますので、屋外に設置したまま、しばらく確認のできない長期不在時などは特に重宝いただけます。ご使用前に、メニュー画面よりSDカードをフォーマット(初期化)してください。※2020/01/18から、全品目の付属メモリカードをアップデートしました。
  • 【防犯・ご近所トラブル・不法投棄対策・ペットの見守り・野生動物の監視・オフィスの動線調査などの用途にピッタリ】: 1080P フルHDの高精細度解動画に対応し、写真解像度は最大12MPに達します。赤外線LEDライトで、周囲に全く光がない真っ暗な環境でも撮影可能。不審者には見えない「不可視赤外線ライト」を照射することによりカメラの存在に気づかれないよう監視できます。盗難防止ロックを使用する時、ツルの部分のサイズはφ3以下の南京錠がおすすめします。※2020年最新モデルは解像度を1200万から1600万にアップデートしました!

>>おすすめGoPro・アクションカメラランキング


なぜこの製品を選んだか

この製品を選んだ理由は、以下です。

・暗視用LEDの数が多く、暗くても明るく撮影できる
・SDカードが一杯になると自動的に古いファイルから上書きしてくれる
・デザインがシンプルで見た目に目立たない
・SDカードがついている

製品レビュー

それでは製品を見ていきます。

箱のデザインはシンプルです。日本語で記載されています。

側面も特に変わった記載はありません。

箱を開けるとこんな感じ

備品を含め内容物はこんな感じ。パーツは袋に入っています。

SDカードは32GBのクラス10です。

説明書は日本語です。後ほど中を紹介します。

本体。レンズ部・センサー部、LED部に保護シートが付いています。

固定に使える金具。使わなくてもOKです。

USBケーブル。マイクロUSBです。電源とPC接続に使います。PCに接続すると、外付けUSBメモリのように操作できます。

外部出力用ケーブルです。

固定用のバンドです。

名刺っぽいカード。

本体を見ていきます。これは側面。本体は2つおりになっており、側面の金具で止めています。

裏面。本体裏面には台座のようなパーツが付いていますが、外すことができます。

上から見るとこんな感じ。本体の厚みは5cm程度。台座も1cm程度厚みがあります。

下側には三脚固定用のねじ穴があります。

暗視用赤外線LED部。

本体を開くと左側に画面と操作ボタンがあります。右側は電池ボックスです。単3電池が最大で8本入りますが、4本でも動作します。

操作ボタンは必要最小限です。画面にメニューが表示されるので、上下ボタンでメニューを選んで、OKボタンで決定します。

操作ボタンの下側にはSDカード挿入口、USB接続口、電源ボタンがあります。

説明書はカラーで日本語説明です。分かりやすいです。若干日本語がおかしい箇所もありますが、意味は分かります。

所感

実際使ってみると、以下の点が気になりました。

1.電源を入れる時と切るときに音が鳴る
2.録画する角度60度程度とやや狭い

電源については、静かに電源を入れたい場合などは気を付ける必要があります。
画角は、約60度です。設置場所と録画したい箇所を想定し、角度が足りているか判断する必要があります。

機能的には、メニューも分かりやすく、録画の品質も問題ありません。画質はメニューで設定できるので、たくさん録画したい場合は画質を落としてデータ容量を節約することもできます。
必要な機能がしっかり備わったトレイルカメラだと思います。