アクションカメラがもっと楽しくなるマウントパーツ6選

NSRHM NVGマウントステー PVS-7/PVS-14対応 ナイトビジョンマウント bk ヘルメット用 装備 …

アクションカメラは、様々な使い方ができるカメラです。

アクティビティな動きを撮影し、きれいな映像を残すこともできます。

アクションカメラがあると、スキーやサーフィンなどのスポーツや、車やバイクの運転中でも撮影が可能になります。

マウントパーツを使用するとカメラを固定することができ、撮影の幅をもっと広げることができます。




アクションカメラとマウントパーツ

アクションカメラでの撮影時は、マウントパーツを使用することで両手が使えるようになります。

ヘルメットやバイクのハンドルバーなどに、カメラを固定するための道具です。

カメラのマウントパーツは、さまざまな種類が売っており、撮影したいものや固定したい場所を考えて選ぶことが可能です。

マウントパーツを組み合わせる理由は、安全で確実に固定できるため安定した映像を撮影できるようになります。

カメラを落とす心配もなくなります。




自分目線で撮影したいとき

ヘルメットにつける方法は、アクションカメラの定番の使い方です。

自分の目線と同じ高さの映像を撮影することができます。

ヘルメットにカメラを装着すると、両手が自由になるため、マウンテンバイクなど運転中のアクティビティを撮影することができるようになります。

ヘルメットマウントの選び方のポイント

一番重要なことは、ヘルメットからカメラが落ちないことです。

そして、角度の変更や回転など調整できるものを選ぶと、楽しい映像が撮影できます。

メーカー純正アタッチメントを使用した方が装着力が優れています。

ヘルメットの真横に取り付けることで、自分目線になり見ている景色をそのまま撮影することができます。

ベルトで確実に装着したり、ヘルメットの真上にも取り付けられるものもあります。

ヘルメットマウントのおすすめポイント

接着面に両面テープが付いているものは、大変強力です。

カメラがずれたり落ちる心配がありません。

ベース部分が360°回転するものを選ぶと、カメラの角度を簡単に変えることができます。

装着位置や角度を工夫すると、自分撮りも可能になります。

どんなシチュエーションでも撮影可能

自撮り棒を使って、アクションカメラを装着して撮影する方法になります。

旅行に行くときや、登山、アウトドアなど様々なシチュエーションで楽しむことができます。

自撮り棒の選び方のポイント

様々なシチュエーションに対応できるように、角度や向きを調節できるものを選びます。

アクションカメラ専用の自撮り棒は、手ブレを防ぐことができます。

自由な長さに変えられたり、曲げたりと調節できるものもあります。

自撮り棒のおすすめポイント

ネック部分の長さを調節できるので、撮影したい高さに変えられます。

自撮り棒は、手で持ったまま撮影するだけでなく、クリップが付いているものはバイクのハンドルなどに取り付けて撮影することができます。

カメラの撮影角度を調節しやすいので、好みのアングルを見つけやすくなります。

車を傷つける心配なくカメラを装着

ドライブレコーダーとしてアクションカメラを使用する方法があります。

車のフロントに装着後、車のエンジンと連動させます。

車からの景色を撮影します。

フロントガラスやダッシュボードの上にマウントパーツを用いて設置します。

レンズの向きを変えて、運転している姿を自撮りすることも可能です。

ドライブレコーダーの選び方のポイント

車を傷つけずに設置することができ、車の中が高温になっても取れにくいのがポイントです。

吸盤タイプは取り外しが可能で、使わない時は簡単に外せるので便利です。

運転時の視界を邪魔しない位置に装着できます。

ドライブレコーダーのおすすめポイント

吸盤タイプは、コンパクトに取り付ける事が可能です。

窓やダッシュボードの上など、平らな平面にピタッと吸盤で装着させます。

ザラザラした場所に装着するときは、先に吸盤用のシールを貼っておくと強度が増します。

ボールヘッドを選ぶと360度回転するため、カメラの角度を調整することができます。

長期間放置しておくと耐久性が悪くなっていくので、使用しない時はカメラと共にマウントパーツも外すように注意します。

自転車やバイクのハンドルに直接取り付ける

自転車やバイクのハンドルにカメラを装着します。

両手が使えるので安全運転になり、運転中の映像を撮影することができます。

バイクの振動などに耐えられるように、マウントパーツとカメラをしっかりと固定します。

ハンドルに装着するマウントの選び方のポイント

ハンドルの大きさを考えて、ぴったり合うものを選ぶようにします。

ネジで締めるものは、しっかりと固定することができます。

できるだけ振動の少ない位置を選んで、固定することが可能です。

夜間の撮影は光で写りが悪くなるため、角度を調節できるものがおすすめです。

ハンドルに装着するマウントのおすすめポイント

ハンドルの大きさに合わせてマウントパーツを購入することが可能です。

ハンドルにマウントパーツをネジでしっかりと固定できるので、カメラを落とす心配がなく安心して撮影できます。

振動が伝わりにくい位置を探してカメラを装着します。

エンジンの振動を抑えることができるので、きれいな映像になります。

水の中で撮影するためにハウジングで防水強化

アクションカメラには、耐水性や防水機能がついています。

しかし、防水機能はそれほど高くないため、水辺や雪山での撮影は対応できても、潜水には適していません。

そこで、潜水中の撮影を行うときは防水機能を強化する必要が出てきます。

カメラにマウントパーツを取り付けることで、水の中でも安心して使えるようになり、きれいな水中の映像を撮影することができます。

防水強化マウントの選び方のポイント

マウントパーツによって防水機能が異なります。

どの程度の防水機能が必要なのか、深水何メートルまで撮影可能なのか、鮮やかな映像を撮影したいのか考えて選びます。

マウントパーツを使用しても、本体と同程度の鮮明な映像を撮影するk十ができます。

防水強化マウントのおすすめポイント

マウントパーツで密封することにより、カメラを水から守ります。

高透過率の素材を使用しているので、明るく鮮やかな映像を撮影できます。

ダイビングやサーフィンなど水中でのカメラ撮影が可能になります。

密封効果は、水から守る以外にホコリや砂からもカメラを守ります。

頭にベルトでカメラを固定する

頭に装着するタイプのマウントです。

ヘルメットの上からも可能で、頭にアクションカメラを固定することができます。

ハンズフリーで撮影が可能です。

自分目線の映像を撮影したいときにおすすめです。

ベルトで固定するマウントの選び方のポイント

ベルトでしっかりと固定するので、頭の大きさにフィットします。

滑り止めが付いているなど、ずれ落ちる心配がないものを選びます。

ベルトで固定するマウントのおすすめポイント

フリーサイズで調節ができるものは、頭にそのまま装着したりキャップの上やヘルメットの上にも装着できます。

ベルトには滑り止めが付いているので、アクティビティに動いても途中でずれる心配がありません。

頭に合わせて調節できるので、しっかりと固定されます。

マウンテンバイクのような頭に衝撃が少ないスポーツに向いています。

まとめ

アクションカメラの撮影時にマウントパーツの組み合わせは、撮影しやすくなります。

さらに、おもしろい映像を残すこともできます。

正しい装着法で、カメラはきちんと固定されるのでおすすめです。

カメラの防水機能を高めるマウントパーツもあり、水中での撮影も可能になります。

色んな撮影方法を試して、映像を見比べても楽しいです。

参考URL・参考文献・根拠など

〇REC-MOUNTS ヘルメットマウントS Helmet mount S for パナソニック ウェアラブルカメラ HX-A1H/HX-A500
https://www.amazon.co.jp/REC-MOUNTS…
〇Balckcase ジョーズフレックス クランプマウント カメラホルダー カメラスタンド ウェアラブルカメラ用 GoPro対応アクセサリー
https://www.amazon.co.jp/Balckcase-…
〇MyArmor 車載 ドライブレコーダー ホルダー スタンド ドラレコ 吸盤 5種類アダプター付き
https://www.amazon.co.jp/MyArmor-%E…
〇REC-MOUNTS アクションカム用 バーマウントB[S-21KW318]
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%AC%…
〇AIER 防水ハウジングケース GoPro Hero5/4 session 防水ケース 水深40m撮影可能 水中撮影 高透明度画面対応
https://www.amazon.co.jp/AIER-%E9%9…