アクションカメラのタイムラプス撮影でよくある失敗の原因は? 避けたい4つのNGポイント

【進化版】Victure アクションカメラ 2インチタッチパネル 4K高画質 2000万画素 1350mAhバッテリー2個 170超広角レンズ 手振れ補正 WiFi搭載 30M防水カメラ 防塵 耐衝撃性 耐低温 豊富な付属品付き アクションカム バイク/自転車/車などに取り付け可能 スポーツカメラ ウェアラブルカメラ 日本語説明書 【メーカー1年保証】

アクションカメラは、動きのある撮影をするときに重宝されるアイテムですが、メリットは他にもあります。

タイムラプスを簡単に撮影できるため、日常の中でも、少し変わった面白い映像を楽しむことができるのです。

ただし、適当な使い方をしていると失敗してしまうので、撮影するときは注意してください。

では、失敗してしまう原因について、対策と一緒に詳しく説明していきましょう。




撮る時間が短い

タイムラプスは、長い映像を縮めることで、いろいろなものが速いスピードで動く様子を見ることができます。

夜景を撮ったときなどは、たくさんの光が目まぐるしく動き回るきれいな映像になるのです。

そうした映像をきちんと撮りたいなら、短い時間ですぐ終わらせてしまうのは、よくない方法です。

撮影の時間が短すぎると、「思ったよりつまらない映像だな」と感じることがあります。

どこか物足りない映像になってしまい、せっかく撮っても、あまり満足できません。

それを防ぐためには、少し長めに撮るようにしてください。

変化が弱い

撮影時間が短いときに物足りなさを感じるのは、動きの変化が乏しいためです。

タイムラプスは、長い映像をギュッと縮めることで、動きがわかりやすくなり、より面白い映像になります。

撮影の時間が短すぎた場合は、それほど大きな変化がないため、「これは失敗だな」と感じるぱっとしない映像になってしまうのです。

被写体の変化をしっかり撮るためにも、時間がないときの撮影はやめておきましょう。

たっぷり撮影できるタイミングを狙えば、変化の激しいタイムラプスを楽しむことができます。

変化をつけるための時間

長い時間といっても、初心者だと、どれくらい撮ればよいのかわからないことがあります。

そんなときは、最低1時間を目安にしておきましょう。

30分だと変化が小さいことも多いですが、1時間以上の長い時間なら、よいタイムラプスを撮ることができます。

変化が大きければ、近所のありふれた景色でも、意外な面白さを発見できたりするものです。

あとでがっかりしないように、1~2時間くらいたっぷり撮影しておきましょう。




きちんと固定できていない

アクションカメラでタイムラプスを撮影したときは、映像のブレが気になってしまうこともあります。

そのような失敗が起きる原因は、安定性の低さにあります。

アクションカメラがきちんと固定されていない状態では、きれいな映像を撮ることはできません。

ひどくブレたりすると、夜景の美しさなども損なわれてしまいます。

失敗を防ぐなら、カメラの固定はしっかり行うようにしましょう。

自力で押さえるのは難しい

カメラを固定するといっても、「手が動かないようにがんばろう」という対策は間違いです。

先述したように、変化がはっきりした面白いタイムラプスを撮るには、時間を長めにする必要があります。

しかし、自分の手だけで長くカメラを支え続けるのは、容易なことではありません。

腕が疲れてしまい、途中で投げ出したくなってしまいます。

長時間でもしっかり安定させ、なおかつ体に負担をかけないためには、自力以外の方法で支えるべきです。

三脚で楽に固定

アクションカメラを楽に固定するなら、便利なアイテムを利用してみましょう。

最もおすすめなのは、三脚です。

三脚にカメラを固定してしまえば、自分の力だけでがんばる必要はありません。

数時間かかるような撮影でも、最初にしっかりセットしておけば、簡単に続けることができるのです。

それなら、腕が疲れたり、トイレに行きたくなって困ったりはしません。

タイムラプスを撮るなら、三脚を忘れずに用意しておきましょう。

吸盤で固定する方法も

タイムラプスを車の中から撮影するときは、固定の方法にも少し工夫が必要になってきます。

車内で撮るとなれば、小型の三脚をダッシュボードに置いておく方法を考えることも多いですが、それでは安定性がいまいちです。

車が動き出すと、振動や遠心力の影響で、簡単に位置がずれるようになります。

そうなると、三脚があったとしても、きれいなタイムラプスを撮ることはできません。

カメラが動かないようにしっかり固定するなら、吸盤で固定できるマウントアイテムを使ってみましょう。

ただ乗せるだけでなく、ぴったりくっつけて固定することができれば、振動や遠心力によるズレはなくなります。

設置場所もチェック

カメラを安定させるためには、場所の選択にも注意すべきです。

不安定な場所だと、三脚をうまく立てることができません。

なんとか設置できたとしても、微妙なバランスでかろうじて立っているような状態だと、ちょっとした風で簡単に倒れてしまうこともあるのです。

そのため、凸凹な場所などはなるべく避けるようにしてください。

平らで安定しやすい場所を選んでおけば、ブレて失敗することは少なくなります。

いきなり撮り始める

タイムラプスを撮影したときは、あとから映像を見て、「本当に撮りたかったものがずれてしまった」とがっかりすることがあります。

そうした失敗は、準備を怠っているときによく起こるものです。

被写体がずれていないか確認せず、いきなり撮影を始めてしまうと、最初から最後までずれたままの映像になってしまいます。

それを防ぐためには、始める前に必ず構図の確認を行ってください。

しっかり撮りたいものが収まる構図になっていれば、あとで落ち込むようなことにはなりません。

予備のバッテリーを用意していない

構図を決め、きちんと固定した状態で撮影を始めたとしても、バッテリーが切れてしまえば、最後まで撮りきることはできません。

バッテリーが1個しかないと、そうした失敗が起こりやすくなってしまいます。

撮りたいものをすべて撮りきるためには、撮影の前に、予備をきちんと揃えておいてください。

十分な予備があれば、中途半端なところで途切れたりせず、必要な分をすべて撮ることができます。

予備があれば高画質でも安心

バッテリーを複数用意しておけば、画質の設定を心配する必要もなくなります。

画質を上げればバッテリーの消耗も激しくなってしまうため、あまり長く撮ることができません。

そのため、予備がないときは、画質を落として消耗を抑えなければならないこともあるのです。

高画質なタイムラプスをたっぷり撮りたいなら、1個や2個ではなく、余裕をもって4~5個は用意しておきましょう。

余計な機能はOFF

撮影を中断させないためには、バッテリーの消耗を抑えることも必要になってきます。

そのためには、他の機能をできるだけ切っておくようにしましょう。

使う機能が多いほど、早く減ることになってしまいます。

GPSやWifiなどの機能は、使わないようならOFFにしておいてください。

それなら、すぐバッテリー切れになることはありません。

寒さにも注意

気温の低さも、バッテリーの減りは早める原因のひとつです。

そのため、冬場にタイムラプスを撮るときなどは、予備を必ず買っておくようにしましょう。

屋外の寒い場所で長時間撮影していると、意外に早くバッテリー切れになることがあります。

最高画質に設定していた場合は、さらに減り方が激しくなります。

撮影する場所や時期もよく考え、準備をしっかり整えておいてください。

まとめ

タイムラプスの撮影で失敗してしまうときは、ここで紹介したように、何かしら理由があるものです。

うまくいかないからといって、イライラしたり焦ったりせず、落ち着いて原因をチェックしてみてください。

デメリットになる要素を潰してから再挑戦すれば、きれいなタイムラプスを撮ることができます。

普段は見られない映像をたくさん撮り、アクションカメラの魅力をじっくり堪能しましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://filmora.wondershare.jp/acti…
https://www.rentio.jp/matome/2016/0…
https://starrrrr.com/entry/20170702…
https://ehicalog.net/gopro-timelaps…
https://rentry.jp/note/gopro-timera…
https://rentry.jp/note/gopro-batter…