アクションカメラ比較!人気の3タイプの特徴や用途別選び方のポイント

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)

高画質で迫力ある映像が楽しめると人気になっているのがアクションカメラです。

スポーツなどの趣味を楽しむ人から、家庭で子供の成長を記録したりなど、様々な使い方ができます。

手振れ補正などの機能も充実していますし小型でコンパクトですから、初心者でも扱いやすいのがポイントです。

たくさんあるアクションカメラの中から、人気の3タイプを比較して紹介しましょう。




アクションカメラの最大の魅力とは

近年はスマホやタブレットのカメラが進化していますから、画像や映像をこれらのデバイスで楽しむ人も増えています。

機能的に限定されていますから、臨場感あふれる映像を残したいという時には力不足を否めません。

アクションカメラなら簡単に迫力ある画像や映像を撮ることができて、その場の空気感まで楽しむことができます。

軽量でコンパクトであらゆる場所の設置や装着できますし、ボタン1つで操作可能です。

広角レンズなどが搭載されていますから、その場の臨場感を一緒に体験できてしまうのもポイントです。

高性能な分価格が高いと思われがちですが、低価格なものなら1万円以下から手に入ってしまいます。




定番のアクションカメラ3種

様々なメーカーから優れたアクションカメラが多数販売されています。

その中でも、人気が高い3種類のものについて紹介しましょう。

幅広く使えるGoPro

アクションカメラといったらGoProというくらい有名なメーカーです。

日本だけでなく世界中に愛用者が多い定番中の定番で、このメーカーのものを選んでおけば失敗はありません。

GoProが登場してから10年以上も経ちますが、常に業界をリードしているメーカーです。

機能面で充実しているだけでなく、幅広い用途で使用できるのが魅力です。

世界の人から選ばれているだけあって、初心者でも使いやすいですし、使い込みたい上級者にも向いています。

細部のディテールにまでこだわりを持って作られていますから、満足度も高いです。

高画質な画像や映像が楽しめるSONY

SONYがアクションカメラ業界に登場したのはGoProよりも後ですが、性能面での充実には目覚ましいものがあります。

画質の高さも評価されていますし、機能が充実しているのにGoProよりもコンパクトだという点が魅力です。

手振れ補正など、かゆいところに手が届く機能が充実していますから、あっという間に人気メーカーの仲間入りを果たしています。

GoProでは補いきれない部分をしっかりカバーしていて、通の人から人気を集めています。

特に画質面での充実が著しく、明るく美しい画質が楽しめます。

見たものをそのまま高画質で残してくれるのがGoProなら、見たものをより美しく高画質に残せるのがSONYです。

低価格で手に入る中国製

とにかく安くお試し感覚で気軽にアクションカメラを楽しみたいなら、中国製のものがおすすめです。

安いものなら5千円台から手に入りますし、価格の割に機能も充実しています。

メーカーによっては日本語サポートもありますし、ソフト類も充実していますから初心者にも安心です。

まずはアクションカメラのよさを試してみたいなら、選んでおいて損はありません。

中国製の高スペックタイプならGoPro並みに使えるタイプもありますし、様々な使い方ができます。

スペックを重視で選ぶ場合

3つのタイプのアクションカメラの中で、総合的なスペックを重視するならGoProがダントツです。

どの機能も高性能で、1つ2つ前の型のものでも十分満足できるレベルです。

画質にとことんこだわりたいなら、SONY一択です。

レンズやイメージセンサーには定評がありますし、滑らかな動きを高画質で残すことができます。

スペック的には中国製カメラは一歩遅れたイメージがありますが、価格に見合ったスペックと考えると十分許容範囲内です。

失敗なく安定した性能を多方面で発揮してくれるGoPro、画質重視ならSONY、価格を考慮したいなら中国製が良いでしょう。

使いやすさ重視で選ぶ場合

スペックよりも手軽に使えて、画質のいい映像を楽しみたいという人もたくさんいます。

特に初心者の人や日常的に使えるカメラを探しているなら、使いやすさを重視して選ぶのがポイントです。

定番のGoProは使いやすさにも配慮していて、初心者から上級者まで満足できるレベルです。

操作性だけでなく耐久性にも定評がありますし、デザインもオーソドックスで万人向きです。

小型で軽量なSONYは付けているのを忘れるくらいのコンパクトさが売りですが、その分使い安さはGoProにはかなわない部分があります。

中国製カメラはメーカーによるばらつきが大きいですから、しっかり比較して使いやすいものを選ぶのがおすすめです。

目的や用途別のおすすめタイプ

3つのタイプのアクションカメラを使う場合、どんな用途や目的で使うのが向いているのか紹介しましょう。

万能選手で何でもこなすGoPro

定番中の定番GoProはスムーズに幅広く何でもこなしてくれますから、どんな目的や用途にも向いています。

耐久性が高くアクセサリーなどもたくさん付いていますから、その人なりの使い方ができてしまいます。

防水機能も充実していますからマリンスポーツにも向いていますし、日常のちょっとした一コマを撮影するのにも最適です。

機種によっては水深60mまで撮影可能ですし、水の中のリアルな音声まで拾ってくれます。

初心者から上級者まで満足させてくれて、機種によってはハンズフリーなども機能も付いています。

1つの趣味でとことん使いこなしたいという人にもおすすめですし、幅広く様々な目的に使いたいという人にも向いています。

スペックが高くカメラそのものが優秀ですから、編集の手間も省けて便利です。

写真やドライブ動画ならSONY

高画質で美しい映像や画像を撮れるのがSONYです。

画像メインで美しい写真を残したいとか、美しい映像を撮影したい人に向いています。

旅行などの思い出を切り取って臨場感あふれる高画質画像や映像を撮ったり、子供さんの成長記録を残すなどの使い方などができます。

軽量でコンパクトですから、車やバイクなどのムービーを撮るのにも向いています。

独自の手振れ補正機能で振動の影響を受けることがありませんし、臨場感のある映像を残せます。

付けているのを忘れるくらいのコンパクトさですから、運転などの邪魔にもなりません。

とりあえず使ってみたいなら中国製

中国製カメラはそれなりの機能で安く手に入るのが最大のメリットです。

それを生かしてそこそこの画質や機能で、とりあえずアクションカメラを使ってみたいという人向けです。

アクションカメラの良さを勉強するのにぴったりですし、壊れても痛くない価格です。

スポーツ等の動いている状態で酷使させるカメラですから、普通のデジカメやビデオカメラよりも壊れやすいです。

壊れた時にコスパを抑えて買い替えできますし、新機種が出た時にも手を出しやすいです。

機能面をそれほど求めず、とりあえず使えればいいという目的に合っています。

まとめ

その人なりの使い方や楽しみ方ができるのがアクションカメラです。

最大限に機能を生かして、スポーツや趣味、旅行や日常などの映像や画像をたっぷりと残してみましょう。

購入に迷っているなら、人気が高い3つのタイプの中から、どんな目的や用途で使ってみたいかを考えてみましょう。

それぞれの特徴を踏まえながら、自分に向いているタイプを選びましょう。

参考URL・参考文献・根拠など

https://douga-tec.com/?p=11094
https://sakidori.co/article/89553
https://glasssailer.jp/833