GoProのタイムプラスを紹介!夕焼けや星空を撮影したい方は必見

GoProは、高機能なカメラなので、全ての機能を活用している方は、残念ながら多くいません。

そのため星空や夜景を撮影する際に「スマホより少し画質が良いだけ」と思ってしまうでしょう。

実は、数多くあるGoProの機種の中には『タイムプラス』という機能が搭載されていて、その機能を活用したら今までとは違う映像を再現する事ができるので、詳しく紹介しましょう。




タイムプラスの特徴やメリット

タイムプラスを利用する前に、まずは、どのような特徴があるのか知っておく事が重要です。

その特徴を把握しておかなければ、利用する価値が分からないと思うので、タイムプラスの特徴と共にメリットなども説明しましょう。

スピードアップ

タイムプラスの特徴は、何と言っても『スピード』をアップさせているかのように見せられれる点です。

実際に、スピードが上がる訳ではないのですが、秒間隔を設定する事によって、Aの静止画からDの静止画へ変えていく事ができます。

通常の動画であれば、Aの静止画・Bの静止画・Cの静止画・Dの静止画へ切り替えっていきますが、タイムプラスを活用したら、撮影するタイミングの静止画をある程度まで飛ばせるのです。

この機能によって、外の環境が素早く変化しているかのように見せられます。

雲の動き

外の環境が素早く変化すると言っても、よく理解できない方もいるでしょう。

そこで、空の変化を例に説明してみましょう。

例えば、あなたが美しい空を撮影したいと思っても、雲の動きは遅いので、動画では雲があまり動いていないように見えます。

ところが、タイムプラスで上手く設定をすれば、遅く動いていた雲が素早く動いているように再現できるのです。

実は、このような映像はTV番組でよく用いられている手法なので、あなたはGoProのタイムプラスを利用するだけで、TV番組を制作しているような気分を味わえます。

夜景のきらめき

外が少しずつ変化していくのは、雲だけではなく、夜景でも同じです。

大都市に住んでいる方であれば、夜景を撮影したいと思っても、時間帯によって夜景のきらめきには大きな差があります。

なぜなら、夕方の時間帯では、自宅のマンションに帰宅している方は少ないので、マンションが多い場所では光があまり見えません。

それとは逆に、あまりにも遅い時間帯では、サラリーマンたちが帰宅をしてしまって、オフィスビルの光が少なくなっています。

タイムプラスを利用したら、少しずつ光が増えていく所を再現できるので、最も光が多いところが見れますし、アニメーションのように光が変化していく所を実現できます。

自然の変化

外で変化をするのは雲だけではなく、太陽も同じです。

実際に、夕方の時間帯に海へ行けば綺麗な夕焼けが見えるので、太陽が少しずつ沈んでいくアニメーション映像を再現する事ができます。

ただし、方角の違いによって、夕焼けを撮影できる所もあれば、朝焼けを撮影できる所もあります。

あなたが住んでいる所が、どちらのほうになっているのか把握しておかなければ、美しい映像を再現する事ができないので、注意して下さい。




タイムプラスを利用する方法

タイムプラスの特徴やメリットなどを理解してもらえたところで、次に利用する方法を紹介するので、この機能に興味がある方はご覧になってみて下さい。

三脚をセット

外の環境が変化していくスピードをアップさせるかのように再現するためには、長い時間に渡って撮影をする必要があります。

数秒であれば、GoProを手に持って撮影する事は可能ですが、何時間も撮影する事は不可能に近いので注意しなければいけません。

そこで、おすすめなのが『三脚』の利用です。

三脚にGoProをセットしておけば、手が疲れませんし、手ブレも起きないので、美しい映像を再現する事ができます。

操作方法

タイムプラスを操作するためには、まずはGoProの電源を入れます。

タッチパネルに操作画面が表示されたら『撮影モード』をタッチして『タイムプラスビデオ』を選択して下さい。

機種によっては、時計のようなデザインになっているのが、タイムプラスの機能なので、この場所をタッチしましょう。

三脚にGoProをセットして、撮影を開始したら、数時間は撮影しておきましょう。

タイムプラスには3つの撮影モードがあって、それが、タイムプラスビデオ・タイムプラス写真・ナイトプラスです。

タイムプラスビデオは数秒に1コマずつ撮影した写真を繋げられる機能で、タイムプラス写真はストップさせるまで数秒に1コマずつ写真を撮影する機能です(撮影した後に自分で編集する事でタイムプラスビデオとして作成する事が可能)。

ナイトプラスは、シャッタースピードを調整する事ができるので、光が少ない時でも美しい風景を撮影する事ができます。

タイムプラスの注意点

メリットが多いタイムプラスですが、残念ながら、いくつか注意すべきポイントもあります。

そのポイントを把握しておかなければ、操作しようとした時に後悔する事になってしまうので、詳しく解説しましょう。

天候に注意

長い時間に渡って撮影する必要がある機能なので、天候に注意しておかなければ、GoProが故障する可能性があります。

例えば、夕焼けを撮影するために、海岸で三脚をセットしていた場合には波によって三脚がさらわれてしまって、GoProが水没する恐れがあります。

風が強くて波が勢いよく迫っていたら、GoProが遠くまでさらわれてしまって、回収が不可能になってしまうので気を付けて下さい。

さらに風が強い時には、三脚が転倒して故障する場合もあるので、天候には注意しましょう。

盗難に注意

天候がよくても、数時間もかけて三脚にGoProをセットしていたら、その場を離れて違う事をしたくなる方は多いかもしれません。

しかし、GoProは数万円はするので、少し目を離したスキに、盗まれてしまう可能性があるので気を付ける必要があります。

盗難されないためには、三脚の近くに座って、本やスマホに目を通していたほうが良いでしょう。

ただし、目を離しているスキに盗まれてしまう可能性はゼロではないので、定期的に周りに人がいないのか確認したほうが良いです。

ビジネルで活用

GoProは、趣味で使うものと思っている方は多いかもしれませんが、タイムプラスを活用したらビジネスで活用する事が可能です。

それでは、どのような活用法があるのか紹介するので、みていきましょう。

人の動きを把握

新しいビルまたは、お店を建てる際には、その場所が、どれほどの人が来るのか把握する事が重要です。

実際に、どれだけ優れた製品または食品を用意しているお店でも、人通りの少ない場所に建ててしまえば、あまり人は入店してくれません。

そこで、タイムプラスを使って、どれだけ多くの人がいるのか撮影しておく方法がおすすめです。

スピードアップしているかのように再現する事ができるので、どれだけの人が通行しているのか確認しやすくなっています。

観光地としてピーアール

タイムプラスは、星空・夕焼け・夜景の変化などをスピードアップさせるかのように見せる事ができるので、観光地としてアピールする事ができます。

大都市の自治体であれば、財源もあるので、プロに任せる事はできるでしょう。

しかし、地方都市の場合には、少しでも歳出を抑えたい所もあるはずです。

そのような場合にはプロに任せないで、職員の方がタイムプラスを利用して美しい風景を撮影して、インパクトのある映像で、観光地をアピールする事もできます。

まとめ

GoProのタイムプラスを活用したら、今まであまり変化が見られなかった外の風景が一変するかのような映像を再現できます。

今まで、雲の風景が好きでも、動きが遅いので静止画しか楽しめなかった方もいるでしょう。

そのような方でも、タイムプラスを活用する事によって、雲の動画も楽しめるので、これからはタイムプラスを活用してみる事をおすすめします。