GoProの写真を撮影する方法を紹介!様々な写真画像が可能?

GoProは、高機能なカメラですが、機能の数が多すぎる事から、その性能を活かしきれない方がいます。

機能を活かしきれなかったら、お金を無駄に使ってしまう事になるので、撮影方法には注意しなければいけません。

そこで、GoProを利用した撮影方法をいくつか紹介するので、今まで機能を活かしきれていなかった方は参考にしてみて下さい。




GoProを利用した撮影方法

GoProを利用する方法は、機能を活かすだけではなく、コンパクトなサイズを活かす方法もあります。

そこで、コンパクトなサイズを活かす撮影方法や、機能を活かした撮影方法などを解説するので、みていきましょう。

サイズを活かす

サイズがコンパクトになっていれば、狭い所にGoProを入れて撮影する事ができます。

例えば、お城の本丸に上がった時は、眺めがよくなるので外を撮影したいと思うでしょう。

しかし、お城の場合には現代の和風建築とは違うので、窓の仕組みが違っています。

窓を開けるような仕組みになっていない事から、邪魔な物まで撮影に写り込んでしまいますが、GoProのようなコンパクトなサイズになっていれば、隙間から外のほうへ出す事が可能です。

本体部分だけを外へ出したら、邪魔な物が写り込みません。

ただし、外へ出して撮影する場合には、本体を落とさないように気を付けて下さい。

広角機能

GoProには『広角機能』が搭載されていて、魚眼レンズのような働きがあります。

広角機能を活用して、撮影したら、近くにある物が大きい状態で撮影する事が可能になるので、遠近感を強く出す事ができるのです。

この撮影方法を駆使したら、平面に見えてしまうような所でも、遠近感を出しやすくなるので、重宝できる機能と言えるでしょう。

夜間モード

スマホで、夜景を撮影しようとしたら、辺りが真っ暗な写真画像になってしまった事はないでしょうか。

写真撮影をする時は、辺りが少し明るくても、機能が低いカメラを利用したら、写真画像が暗くなってしまう事はよくあります。

ところが、GoProは高機能なカメラなので『夜間モード』が搭載されています。

夜間モードを活用したら、辺りが暗くなってしまう時間帯でも、夜景をしっかりと撮影する事が可能です。

今まで、スマホでは上手く夜景撮影できなかった場合には、GoProの夜間モードの利用をおすすめします。




アクセサリーを利用した撮影方法

GoPro単体だけでも様々な写真を撮影する事はできますが、アクセサリーを併用したら、さらに様々な撮影が可能になります。

アクセサリーは別売りとなっているので、お金をかける事になりますが、様々な写真撮影したい方には魅力的な製品ばかりなので、3種類ほど紹介しましょう。

延長アーム

GoProを利用して、風景を撮影する際には、自分の顔も一緒に撮影したい方は多いでしょう。

最近の日本では、結婚をしない方が増えているので、一人旅をする方も多いので、自撮りするケースは多いはずです。

しかし、自分の腕を伸ばしても、あまり距離を取る事ができないので、自分の顔を上手く撮影できない場合もあるので注意しなければいけません。

ところが『延長アーム』というアクセサリーを利用したら、アームにGoProを取り付ける事ができるので、自撮りしやすくなります。

GoPro shorty

【国内正規品】GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ Shorty (ミニ延長ポール + 三脚) AFTTM-001

数多くあるアクセサリーには『GoPro shorty』という物もあって、三脚としての働きがあります。

三脚のアクセサリーは多くありますが、本製品の優れている所は脚の部分が短くなっている所です。

脚が短くなっているので、本製品にGoProをセットしたら、低い位置で写真撮影する事が可能になります。

低い位置で写真撮影する事ができれば、高い位置から撮影した場合とは違う写真を撮影する事ができるので、利用価値の高いアクセサリーです。

GoPro The Handler

【国内正規品】GoPro ウェアラブルカメラ用アクセサリ THE HANDLER (ザ ハンドラー)フローティング ハンド グリップ AFHGM-002

GoProは、防水機能を備えていますが、水中に落としてしまえば、そのまま沈んでしまいます。

早めにGoProを取れたら、無くす事もなければ故障する事もありませんが、早めに取る事ができない場合もあるので注意しなければいけません。

そこで、おすすめしたいのが『GoPro The Handler』です。

本製品は水上で浮くようになっているので、本製品にGoProをセットしたら、安心して水上で撮影する事ができるので、水没対策を講じたい方は購入してみる価値があります。




調整機能で撮影する方法

GoProは、調整機能も優れているカメラなので、調整機能を活用する事によって、様々な写真撮影が可能になっています。

それでは、どのような機能が搭載されているのか紹介するので、確認してみて下さい。

セルフタイマー

GoProには『セルフタイマー機能』が搭載されていて、ある程度まで時間が経過してから撮影できるようになっています。

セルフタイマー機能を活用したら、撮影ボタンを押してから、遠くまで移動して撮影させる事ができます。

この方法であれば、アクセサリーを利用しなくても、自撮りが容易です。

セルフタイマー機能があれば、延長アームは必要あるのだろうかと思ったかもしれませんが、この方法では適度な高さにGoProをセットする必要があります。

そのため、適度に高くなっている場所がない場合には、延長アームを利用したほうが良いでしょう。

連写機能

花火や滝などは、数秒で変化していくので、タイミングよく撮影できない場合があります。

特に、花火を撮影する場合には、最も美しいと思った時に撮影ボタンを押しても、写真画像を見たら花火が見えなくなっているケースがあるのです。

ところが、GoProに搭載されている『連写機能』を活用したら、連続で撮影する事が可能になるので、花火でもタイミングよく撮影する事が可能になります。




ドローンを利用して撮影する方法

ドローンは値段が高い製品ですが、GoProと併用したら、地上で歩いている時には撮影できなかったものでも、撮影する事が可能になるので詳しく解説していきましょう。

歩けない区域でも撮影可能

住み慣れている街から離れて、大自然で撮影したいと思っても、川や湖があったら、それ以上は歩いていく事はできません。

しかし、ドローンは飛行させる事ができるので、GoProをセットして飛行させれば、川や湖の上から撮影する事まで可能になります。

川の上を飛行させていけば、野生動物を撮影する事も可能になるので、ドローンを利用していなかった時に撮影できなかったものでも、撮影する事が十分に可能です。

空中撮影

ドローンは、高い位置まで飛行する事ができるので、川や湖の上から撮影するだけではなく、街の上から撮影する事も可能です。

街から撮影する事ができれば、今まで気づけなかったものでも、把握する事ができます。

例えば、地上からは確認しづらかった道でも、空中撮影させれば、簡単に把握する事ができます。

さらに、空中撮影した画像または動画などをインターネット上にアップしたら、多くの方たちが珍しいと思って、注目を集める事もできるでしょう。




まとめ

GoProは様々な機能が搭載されているだけではなく、アクセサリーやドローンと併用する事もできるので、様々な写真撮影が可能です。

今までとは違う撮影方法を駆使したら、珍しい写真画像を残す事もできるでしょう。

HPやブログに珍しい写真画像や動画などをアップしたら、多くの方たちがアクセスする事も期待できるので、広告を掲載する事によって、副業する事も可能です。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!