GoPro(ゴープロ)でタイムラプスを撮るときのコツは?押さえておきたい4つのポイント

タイムラプスは、長い映像を短く縮めて再生するものであり、景色がどんどん移り変わる様子などを楽しむことができます。

GoProは、そうしたタイムラプスを簡単に撮影できる便利なアイテムです。

ただし、GoProでタイムラプスを撮るなら、しっかりとポイントを押さえておくべきです。

撮影のためのポイントがわかっていれば、失敗することはありません。

ブレない工夫をする

タイムラプスの撮影をするときに最も重要な点は、「GoProを動かさないで撮る」ということです。

設定などを念入りにチェックしたとしても、撮影時にGoProが動いているようでは、きちんとタイムラプスを撮ることはできません。

YouTubeなどで完成した映像を見ればわかりますが、タイムラプスというのは、基本的にカメラの位置が動かないものです。

左右や上下に大きく揺れたりせず、常に同じ視点から撮り続けた映像を縮めたものになります。

そのため、GoProでタイムラプスを撮るときは、固定が重要なポイントになってくるのです。

GoProをしっかり固定することができれば、きれいなタイムラプスを撮影できるようになります。

とはいえ、手で持っているだけだと、確実に固定することは難しくなってしまいます。

タイムラプスではない普通の撮影をするときでも、手の揺れにには注意しなければなりません。

それがタイムラプスの撮影となれば、さらに難易度は高くなります。

よいタイムラプスを撮るには、短い映像を縮めるより長めの映像を縮めるべきですが、自分の手を長時間固定し、微動だにせず撮影を続けるというのは、ほとんど不可能な行為です。

長くGoProを固定しておくためには、手で持つだけでなく、もっと別の工夫が必要になります。

三脚で固定する

GoProを長時間しっかりと固定し、よいタイムラプスを撮るためには、自分の手で持つことにこだわるのではなく、便利なアイテムに頼る方法がおすすめです。

自分の力だけで解決できない問題でも、優れたアイテムをうまく利用することで、簡単にクリアできるようになります。

そのアイテムというのが、三脚です。

三脚にGoProを取り付け、そのまま撮影を開始すれば、地震でも起こらない限り揺れる心配はありません。

また、手が動かないように気を張っている必要がないため、自分の体に負担がかかることもなくなります。

苦労して自分の手を固定しておかなくても、簡単に長い映像を撮ることができるのです。

撮影時の余計なストレスを減らし、映像のクオリティを高めるためにも、こうした便利なものを積極的に使っていきましょう。

予備のバッテリーを用意する

タイムラプスのためにGoProを長時間使うときは、固定することだけでなく、バッテリーについてもしっかり考えておくべきです。

長い映像が撮りたくても、途中でバッテリーが切れてしまうようでは、中断せざるを得ません。

タイムラプスの撮影を確実に行うためには、必ず予備のバッテリーを購入するようにしましょう。

予備のバッテリーがあれば、本体のバッテリーが少なくなっても慌てることはありません。

バッテリーを交換することで、問題なく撮影を続行することができるのです。

高画質で撮影したとき、1個のバッテリーがもつ時間は約90分なので、2~3個の予備を忘れずに確保し、撮りたいものがすべて撮れるようにしておきましょう。

寒さに注意

GoProのバッテリーは、周囲の気温が低いと、消耗が激しくなります。

そのため、スキーやスノーボードを楽しみながら撮影したいときは、余裕をもってバッテリーを揃えておく必要があります。

タイムラプスの場合も、冬の冷え込む時期に撮影したいときは、バッテリーが1個だけだと困ることになってしまうので、しっかりと予備を用意しておいてください。

十分な数が確保できていれば、普段より減りが激しかったとしても、長い時間撮り続けることができます。

モバイルバッテリーも

タイムラプスの撮影をするときは、交換するためのバッテリーを用意しておくより、モバイルバッテリーの方が便利に感じることもあります。

モバイルバッテリーは、充電しながら撮影を続けることができるので、しっかり接続しておけば、そのまま放っ放置していても安心です。

また、GoProの中にはバッテリー交換ができないタイプもあるので、そうした機種を使うときも、ぜひモバイルバッテリーを使ってみてください。

撮影間隔を調整する

GoProでタイムラプスを撮影するときは、「タイムラプスビデオ」と「タイムラプス写真」が選べるようになっています。

タイムラプスビデオの方は、撮影と同時に動画が編集されていくため、撮ったあとにすぐ映像を見ることができます。

一方、タイムラプス写真の方は、数秒に1コマの写真をしばらく撮影し、そのあとで編集をすることができるモードであり、自分好みのタイムラプス映像をつくりたいときに役立ちます。

撮影間隔の調整は、そのタイムラプス写真で重要になるポイントです。

タイムラプス写真を撮るときに撮影間隔を長くしすぎると、それぞれの静止画のつながりが弱くなるため、あまりきれいに見えなくなってしまいます。

なめらかにつながる映像にしたいなら、撮影間隔を短く調整しておきましょう。

タイムラプスビデオでもチェック

撮影間隔の調整は、タイムラプスビデオの方にも影響を与えます。

調整によって変化するのは、映像のスピード感です。

撮影間隔を長くすると、映像がより速くなります。

そのため、ゆっくり変化するもの高速にしたいなら、なるべく長めに設定しておきましょう。

空の様子を撮影して、雲の動きなどを楽しみたいときは、5秒~10秒の設定がおすすめです。

逆に、動きの速いものを撮るなら、間隔は短くしてください。

撮影間隔を短くしてライムラプスビデオを撮ると、動きがとてもなめらかになるため、素早い動きもきれいに見ることができます。

スポーツの映像や、自転車で移動するときの映像などは、0.5秒~2秒で撮るようにしましょう。

撮影の時間を考慮しよう

撮影間隔を長くするときは、撮影にかかる時間もよく考えるようにしましょう。

間隔が長くなれば、それだけ撮影に必要な時間も長くなっていきます。

そのため、素早く撮影を済ませなければならないようなときは、なかなか終わらず、困ってしまうこともあるのです。

失敗したくないときは、なるべく余裕のあるときに撮影を行ってください。

暗い場所ならナイトラプス

GoProでタイムラプスを撮るときは、暗い場所での撮影がうまくいかないことがあります。

光の量が少なすぎるために、あまりきれいな映像にならないのです。

そんなことでは、きれいなタイムラプスを撮ることはできません。

暗さのデメリットを解消するためには、タイムラプス撮影の3つ目のモードである「ナイトラプス写真」を選択してください。

ナイトラプス写真で撮ると、他のモードよりも多く光を取り込むことができるため、暗い場所でもノイズの少ないきれいな映像になります。

夜空や夜景を撮るときには最適な撮影モードなので、撮りたいものに合わせてうまく利用していきましょう。

まとめ

GoProでタイムラプスを撮影するなら、あまり適当に撮ってしまうのはおすすめできません。

固定する工夫をしていなかったり、撮影間隔を無視したりすると、うまく撮れない可能性が高いのです。

失敗を避けるためには、ここで紹介したような撮影のポイントを、しっかりとチェックしておきましょう。

重要なポイントを見落としていなければ、素晴らしいタイムラプスを撮ることができます。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!