GoPro(ゴープロ)の3つのAppを紹介!様々な操作が可能?

GoPro

GoProは単体だけでも、様々な写真や動画などを撮影する事ができますが『App(アプリ)』を併用したら、その他にも様々な操作が可能になります。

数多くの操作方法を覚えておけば、今まで不可能だった事も可能になります。

そこで、様々な操作をしてみたい方たちのために、GoProの特徴や、3つのAppなどを解説するので確認してみて下さい。




GoProの特徴

GoProは、高画質なカメラと考えている方は多くいますが、じつは画質が高くなっているだけではないのです。

それでは、どのような特徴があるのか解説するので、みていきましょう。

ドローンと併用可能

GoProは、高機能なカメラですが、一眼レフよりもコンパクトなサイズになっている機種が多くなっています。

サイズがコンパクトになっている事から『ドローン』に搭載する事ができるのです。

ドローンとは、空を飛べる無人機なので、趣味で利用している方もいますが、デリバリー(配達や配送)で利用される事も期待されているのです。

そのようなドローンにGoProを搭載する事ができたら、空中撮影する事ができるので、様々な静止画や動画のデータを残せます。

機種による違い

GoProは多機能になっていますが、機種によって違いがあるので注意しなければいけません。

実際に、動画画質だけでも、HERO7 Blackは4K60・HERO7 Silverは4K30・HERO7 Whiteは1080p60・HERO6 Blackは4K60・HERO5 Blackは4K30になります。

さらに、多くのGoProの防水機能は、10メートルまで対応可能になっていますが、Fusionは5メートルとなっているのです。

機種によって、ここまで違いがあるので、購入する際には、自分の好みに合う性能になっている機種を選んだほうが良いです。




GoPro App 5.1

GoProの特徴を理解してもらえたところで、まずは『GoPro App 5.1』というアプリを紹介しましょう。

GoPro App 5.1は、スマホや一眼レフカメラでは操作できなかった事も可能になっているので、その魅力を知ったら、利用したくなるはずです。

遠隔操作

GoPro App 5.1は『遠隔操作』する事ができるので、遠くでカメラを設置した所から、作動させる事ができます。

スマホや一眼レフカメラでも、セルフタイマーで何秒後に撮影する事はできます。

しかし、遠隔操作できたら、スマホや一眼レフよりも細かな操作が可能になるのです。

セルフタイマーの操作だけでは、物足りなく感じている場合には、GoPro App 5.1はおすすめのアプリです。

さらに、ドローンにGoProをセットした後に遠隔操作する事ができたら、様々な操作も可能になります。

互換性能

遠隔操作できるのは、GoPro App 5.1の大きな魅力ですが『互換性能』をしっかりと把握しておく必要があります。

もしも、互換性能を把握しないで、利用しようとしたら、思ったように操作できない事があるので注意しなければいけません。

実際に、GoPro App 5.1は、HERO4・HERO3・HERO・HD HERO2などと互換できます。

このアプリを操作したい場合には、互換できる機種を持っているのか把握してからにしましょう。

GoPro App 2.9

GoPro App 2.9は、無料のアプリですが、意外にも利便性が高いので、様々な操作が可能です。

そこで、どのような操作が可能なのか紹介するので、参考にしてみて下さい。

SNSで共有

GoPro App 2.9を利用すれば、Facebook ・Instagramなどで静止画や動画などのデータをシェアする事が簡単に行えます。

実際に、Facebookを活用したら、多くの方たちに注目してもらえるので、自分の存在価値を高める事ができるのです。

そうすれば、自分が運営しているブログに多くの読者を呼ぶ事もできます。

ブログに広告などを掲載しておけば、その広告収入によって副収入を得る事もできます。

GoProは値段が少し高くなっていますが、副収入を得る事ができれば、お金の事をあまり気にする必要もありません。

データを確認

GoProは上位機種になれば、データを閲覧する事はできますが、下位機種の場合にはデータを閲覧する事ができない機種もあります。

ところが、GoPro App 2.9を活用したら、メモリーカードのファイルを確認する事もできれば、削除する事も可能です。

ファイルの編集機能が搭載されているので、メモリーカードのデータを、これ以上保存する事ができない場合には、早めにデータを消去する事もできます。

チャンネルの視聴

インターネット上では、GoProを利用した静止画や動画などが多く掲載されているので、撮影技術が足りない場合にはライバルに打ち勝てるほどのデータを掲載できない場合もあります。

ところが、GoPro App 2.9は『GoProチャンネル』を視聴する事ができるので、撮影する際には見本となるデータを見つける事が可能です。

GoPro App 2.9は、このようなGoProチャンネルに簡単にアクセスをする事ができるので、インターネットで静止画や動画を探すよりも、スピーディーに魅力的なデータを見つけられます。

GoPro App for Desktop

GoProを利用している方たちの中には、撮影したデータをパソコンで管理したい方もいるでしょう。

そのような方たちにおすすめしたいアプリが『GoPro App for Desktop』です。

このアプリを活用する事によって、パソコンでデータを管理しやすくなっているので、詳しく解説しましょう。

PC向けのアプリ

GoPro App for Desktopも無料のアプリとなっているので、簡単に利用できるようになっています。

対応できるOSは、Windowsは7・8・10で、MacはOS X 10.9以上になっているのです。

全てのOSに対応できる訳ではないので、これらのOSの中から一つでも当てはまっていない場合には、対応できるOSをパソコンにインストールする必要があります。

ただし、OSをインストールしたら重要なデータが無くなってしまう場合もあるので、事前にデータのバックアップを忘れないようにしましょう。

データ管理

パソコンに対応可能なOSをインストールした後に、GoPro App for Desktopを利用したら、静止画や動画の閲覧が可能になります。

さらにサムネイルで表示されますし、連続撮影した写真をまとめて、1つのサムネイルで表示する事ができるのです。

花火を撮影する際には、多くの方たちが連続撮影しますが、多くの静止画のデータを保存する事になるので、その中から残したいデータを見つける事は簡単ではありません。

しかし、GoPro App for Desktopを活用したら、簡単に残したいデータを見つける事が可能です。

データ編集

GoPro App for Desktopは、動画の『トリミング』を行う事ができるので、あなたの好みに合うサイズにカットできます。

動画のサイズが大きすぎたら、データ容量も大きくなってしまうので、ブログやHPに掲載してしまえば、ページが表示されるまで時間をかけてしまうのです。

Googleは、重くなっているペーシの検索順位を下げる傾向があるので、注意しなければいけません。

そのような事を考えたら、動画のサイズをカットして、容量を小さくしておく価値があります。

まとめ

GoProは、単体で利用するだけでも、高画質な静止画や動画など残す事はできます。

しかし、それだけでは撮影方法が限られていますし、データを編集する事は容易ではないので、注意しなければいけません。

Appを利用すれば、そのような問題を解決する事ができるので、GoPro単体の操作では不満を感じている場合には、Appの利用をおすすめします。