GoPro(ゴープロ)はスポーツ以外にも使える?日常の使い方4選

GoProといえば、優れたアクションカメラとして多くの人から支持されているアイテムです。

サーフィンやスキー、スカイダイビングなど、動きが多いスポーツの撮影で大活躍しています。

そのため、「スポーツが苦手な自分に合わない」と考えてしまう人もいますが、GoProを使ってできることは、スポーツの撮影だけではありません。

その他にも、さまざまな使い道があるのです。

散歩中の風景を撮る

GoProは、スポーツで重宝されていることからもわかるように、基本的にコンパクトで軽くなっています。

かさばる大きさのものや、ずっしりと重くなっているものだと、スポーツの最中に使うには、とても不便なものです。

小さくて軽いからこそ、体の動きを妨げる心配がなく、動きの激しい撮影でも使うことができるのです。

この特徴は、スポーツ以外の撮影でも役立ちます。

それが、散歩中の風景の撮影です。

特別スポーツが好きでなくても、軽い散歩くらいなら日常的に行っている人も多いですが、そのときにGoProを持って行くと、好きなタイミングでさまざまな写真を撮ることができます。

コンパクトな大きさなので、常に携帯していても邪魔にならず、軽いので体に負担をかけるようなこともありません。

散歩のために小型のカメラが欲しいようなときは、ぜひGoProを使ってみてください。

超広角で撮れる

GoProは、超広角レンズによる撮影が可能なため、かなり広い範囲をフレームの中に収めることができます。

そのため、風景の写真を撮りたいときには、とても便利です。

例えば、丘の上から見下ろすような角度で広い景色を撮りたいときは、普通のカメラを使っていると、「もう少し範囲を広くできないかな」といった不満を感じることがあります。

同じフレームの中に入れたいものが複数あり、それぞれが少し離れていたりすると、なかなかうまく撮ることができず、悩んでしまうのです。

しかし、超広角レンズがあれば、そのような問題は解決できます。

通常のレンズよりも広い範囲をカバーできるため、多少離れたものがあっても、すべて同じフレームの中に収めることができるのです。

景色だけでなく、大きい建物を撮るときなども助かる機能なので、うまく使っていきましょう。

天気が悪くても大丈夫

GoProは防水・防塵使用になっているため、水に濡れそうなときや、砂ぼこりをかぶりそうなときでも、問題なく使うことができます。

水の中に沈めて撮影したり、旅行で砂漠の風景を撮影したりできるくらいなので、ちょっとやそっとで壊れるようなことはありません。

そのため、雨が降っていたり、風で砂が舞ったりするような天気でも、気にせず持ち出すことができるのです。

雨の日や雪の日に撮ると、普段とは違った雰囲気になることもあるので、晴れの日以外にも、写真や動画をたくさん撮影してみてください。

タイムラプスを楽しむ

GoProを日常の中で使うなら、タイムラプスはおすすめの機能です。

タイムラプスというのは、長い映像を短く縮めたものであり、早送りをしたときのように、景色などが速いスピードで変化していく様子を見ることができます。

空を撮影したときは、雲がすごい速さで流れるようになり、夜景を撮影したときは、車や人が目まぐるしく動く映像になるのです。

そうした不思議な映像を撮影して楽しむことができる点も、GoProの魅力になります。

見慣れた風景であっても、タイムラプスで撮れば、まったく違う姿を見せてくれることがあるので、いろいろなものを撮影してみましょう。

コツは動かさないこと

タイムラプスは、GoProを使えば誰でも簡単に撮ることができます。

ただし、きれいに撮るためには、なるべく動かさないようにしてください。

撮影の途中でグラグラ動くようだと、なかなかうまくいきません。

タイムラプスを上手に撮るためには、GoProをしっかりと固定してから撮影を始めましょう。

そのためには、三脚を使うのがおすすめです。

GoProを動かさずに撮るといっても、長い映像をすべて撮り終えるまで、延々と自分の手で支え続けるのは無理があります。

しかし、三脚を使ってGoProを固定できれば、そのように苦労して撮影する必要はありません。

なるべく楽な方法で固定して、きれいなタイムラプスを撮影しましょう。

バッテリーに注意

タイムラプスのために長い映像を撮るときは、バッテリーも忘れずにチェックしておきましょう。

途中でバッテリーが切れてしまうと、撮影はそこで終わりになってしまいます。

撮りたいものを残さず撮るためには、予備のバッテリーをしっかり揃えておくか、モバイルバッテリーを使うようにしてください。

バッテリーを交換して使うタイプのものなら、十分な予備さえあれば、長い撮影でも安心です。

交換ではなく充電するタイプであっても、モバイルバッテリーがあれば、充電しながら撮影を続けることができます。

撮影の途中で慌てることのないように、そうした準備はしっかり整えておきましょう。

子供の自然な写真を撮る

GoProは、子供の写真を撮るときにも活躍するアイテムです。

普通のカメラでは難しいような自然な写真も、GoProならしっかり撮影することができます。

子供がカメラの存在を妙に意識してしまうと、遊んでいるときの何気ない1枚を撮りたくても、なかなか自然な写真にはならないものです。

なんとか気をそらそうとしても、なぜかカメラの方を見てしまい、どうしてもうまく撮れなかったりします。

しかし、GoProのコンパクトなボディがあれば、その問題を解決できます。

サイズが小さいために、「カメラで撮られている」という認識が薄くなり、普通のカメラを使ったときほど気にしなくなるのです。

それなら、変にカメラ目線の写真になることはありません。

GoProをうまく使って、子供の日常をたっぷり撮影しましょう。

犬の体に取り付ける

GoProで日常を撮影するなら、マウントアイテムとセットで使う方法もおすすめです。

マウントアイテムを使えば、GoProをいろいろな場所に固定することができるため、撮り方の幅が広がります。

そうした便利なマウントアイテムの中には、犬の体に固定できるハーネスもあるので、ペットを飼っているなら、ぜひ試してみてください。

犬が走り回って水たまりや泥の中に飛び込んでも、防水・防塵のGoProなら壊れる心配はないため、安心して撮影を続けることができます。

また、ハーネスにはパッドが入っているため、犬の体に余計な負担をかけるようなこともありません。

見たことのない景色を楽しむ

犬の背中や胸のあたりにハーネスでGoProを固定すると、体の動きに合わせてカメラが動くことになります。

すると、犬が普段見ている景色に近いものが撮影できるため、珍しい景色を楽しむことができるのです。

自分で撮影するときとは違い、かなり低いアングルからの映像になるので、見慣れている景色であっても、意外な発見ができたりします。

自分の日常だけでなく、犬の日常も撮影してみたいときは、GoProの力を借りて見ましょう。

まとめ

GoProは、スポーツ以外にもさまざまな楽しみ方があります。

ここで紹介したように、散歩をするときや、子供や犬と遊ぶときにも便利に使うことができるので、本格的なスポーツをしない人であっても、たっぷりとその魅力を堪能することができるのです。

アクションカメラとして高い評価を得ているため、運動に縁がないと少し気後れしてしまうこともありますが、そんなことは気にせず、どんどん使っていきましょう。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!