GoPro(ゴープロ)のバッテリーで気をつけることは? 押さえておきたい4つの注意点

GoProは、水中の撮影やスポーツをしながらの撮影など、変わった撮影方法が可能になる便利なアイテムです。

ただし、本当に便利に使うためには、バッテリーに注意しなければなりません。

バッテリーの選び方や使い方によっては、不便に感じる点も出てくるのです。

ここでは、GoProのバッテリーの注意点について、詳しく説明していきます。

予備を忘れずに

GoProを購入したときは、バッテリーが1個同梱されているものです。

それを使えば、すぐにでも撮影を始めることができます。

しかし、長い時間の撮影を考えているなら、同梱されたものだけを使うのはおすすめできません。

バッテリー1個の連続使用時間は約90分なので、それ以上長く使うことになると、どうしてもバッテリー切れを避けられなくなってしまいます。

したがって、GoProをある程度長く使うなら、必ず予備を準備しておいてください。

バッテリーが1個だけだと、なくなった時点で撮影は終了ですが、その他に複数のバッテリーを持っていれば、交換することで継続できます。

撮りたいものを思う存分とるためにも、バッテリーには常に余裕をもたせておくようにしましょう。

2~3個くらいは用意しておくと、バッテリー切れを気にせず、撮影に集中することができます。

寒さは消耗を早める

GoProは、マウントアイテムで自分の体に固定することができるので、スポーツをしながらの撮影も簡単にできます。

そのため、冬場にスキーやスノーボードをするときにも重宝されていますが、寒い場所で使うなら、バッテリーの減り具合に注意してください。

周囲の気温が低い環境の中では、普通に使うときより、バッテリーの消耗が激しくなってしまうのです。

普段なら90分くらいもつバッテリーも、寒いところで使えば、意外なほど早く減ってしまいます。

そのようなデメリットをカバーするためにも、予備はしっかり揃えておくようにしましょう。

準備万端で高画質に

できるだけ高画質な映像をたくさん撮りたいときも、予備のバッテリーの確認は怠らないでください。

解像度の高い映像を撮影すると、バッテリーの減りが早くなってしまうのです。

例えば、フルHD画質で撮ったときは90分使えても、4K画質で撮ったときは、そこまでもたないことがあります。

そのため、スペック自体は高いのに、連続使用時間はそれほど長くない機種もあったりするのです。

この問題を解決するためには、予備のバッテリーが役立ちます。

通常よりも消耗が激しくなってしまっても、交換できるバッテリーが手元にあれば、困るようなことはありません。

しっかり準備を整えて、常に美しい映像が撮れるようにしていきましょう。

タイムラプス撮影は呼びが重要

タイムラプスは、長い映像をギュッと短縮することで、高速で景色などが変化する様子を見ることができます。

GoProを使うと、このタイムラプスもしっかり撮影できますが、まず長い映像が必要になる点には、注意しなければなりません。

タイムラプスは、短い映像を短縮するより、ある程度長めの映像を使った方が面白い仕上がりになるものですが、撮影時間が長くなれば、当然バッテリーも消耗していきます。

そのため、よいタイムラプスを撮るためには、十分な予備を用意することが重要なポイントになるのです。

いつでも予備が使えるようになっていれば、たっぷり撮影することができるため、完成した映像も素晴らしいものになります。

純正品を選ぶ

GoProのバッテリーは、いろいろなメーカーから出ています。

そのため、「どこにすれば間違いがないか」と迷ってしまうこともありますが、難しく考える必要はありません。

最も確実なのは、GoPro社の純正品を選ぶことです。

他のメーカーの製品は安いものが多く、一見すると魅力的ですが、デメリットもあります。

そのひとつが、持続時間の短さです。

純正品に比べると、普通に使っていても消耗のスピードが速いので、長時間撮影したいときには、少し不便に感じてしまいます。

先述したように、高画質で撮影したり、寒い場所で使ったりすれば、それだけでも消耗が激しくなりますが、純正品でないバッテリーだと、さらに時間が短くなってしまうのです。

そのため、時間のストレスをなるべく減らしたいなら、純正品を使うようにしてください。

アップデートにも注意

純正品でないバッテリーを使った場合、GoProのアップデートでもデメリットが発生してしまいます。

GoProととバッテリーの相性が悪いと、本体をアップデートしたことで、それまで問題なく使えていたものが、急に使えなくなったりするのです。

それを防ぐには、メーカーを適当に決めてはいけません。

常にベストな状態でGoProを使えるように、しっかり純正品を選ぶようにしてください。

値段だけで決めない

純正品は、他のメーカーよりも少し値段が高くなっているため、それだけで敬遠してしまう人もいます。

しかし、安さにこだわりすぎていると失敗してしまうことも多いので、値段だけを優先するような選び方は避けるべきです。

安いからといって即決するのではなく、デメリットがあることも考慮してください。

予算が十分にあり、少しでもデメリットを抑えたいときは、なるべく純正品を選ぶようにしましょう。

交換できないものもある

GoProのバッテリーは、機種によって交換ができないこともあるので、初めて購入するときは注意しなければなりません。

バッテリー交換ができないタイプのGoProで長く撮影を続けるためには、充電することになります。

そのためには、モバイルバッテリーがおすすめです。

モバイルバッテリーがあると、GoProを充電しながら使うことができるので、とても便利です。

充電と撮影を同時に行うことができれば、タイムラプスのための定点撮影も簡単にできるようになります。

欲しい機種が交換タイプでない場合は、ぜひチェックしておきましょう。

互換性があるか

GoProのバッテリーを選ぶときは、互換性の有無もしっかり確認するようにしてください。

機種によっては互換性がないものもあるため、どんなGoProでも変わりなく使用できるとは限りません。

例えば、GoProを新しいものに買い替えたとき、前のものと機種が違っていた場合は、互換性がないために、それまでと同じバッテリーを使えなくなることもあるのです。

注意しておきたいのは、360°の撮影をしたいときに活躍するGoPro Fusionです。

GoPro Fusionは、GoPro HERO5やHERO6といったシリーズとは、電池の規格が違います。

そのため、HEROシリーズと同じバッテリーは、使うことができないのです。

買い換えたり併用したりするときは、必ず機種に合ったバッテリーを選ぶようにしましょう。

HERO同士ならOK

GoPro HEROシリーズとGoPro Fusionの間に互換性はありませんが、HEROシリーズ同士であれば、まったく同じバッテリーを使っても問題はありません。

HEROシリーズは基本的に同じようなフォルムになっているため、HERO6でもHERO7でも、それに合わせてバッテリーを変える必要がないのです。

したがって、それまで使っていたHEROシリーズを最新のものに買い替えるようなときは、互換性を気にせず、継続して使うことができます。

まとめ

GoProを使うなら、バッテリーはとても重要な要素になります。

バッテリーが足りなかったり、本体に合っていなかったりすると、撮影を続けることができません。

デメリットを防ぎ、余計なストレスを感じないようにするためには、ここで紹介した注意点をしっかりチェックしておきましょう。

ポイントを押さえておけば、GoProを快適に使うことができます。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・骨盤ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー(ウィスキー)・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカードも電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズって本当おすすめエアロバイクって本当おすすめおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私が絶対おすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!Drawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐランニングタイツ・スポーツタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!