GoPro(ゴープロ)を日常で使うときのメリットは?4つの注目ポイント

GoProは、スポーツや旅行などで重宝されている便利なアイテムであり、「運動は苦手」「旅行にはあまり行かない」という人からは、縁がないものと思われがちです。

しかし、特別アクティブな趣味をもたない人でも、GoProを楽しむことはできます。

普通の日常生活の中でも、いろいろな場面で活躍してくれるのです。

では、日常で使うときにどんなメリットがあるのか、詳しく説明していきましょう。




小さくて軽い

GoProの特徴のひとつには、コンパクトなボディがあります。

小型で軽量なカメラなので、動きの多いスポーツで使っても、邪魔になったりはしません。

この点は、日常の中で使うときにも、大きなメリットになります。

風景を撮りながら散歩をしたいようなときは、気軽に携帯して出かけることができるのです。

大きくてかさばるものや、ずっしりとした重さがあるものは、近場を散歩するだけであっても、「なんだか面倒だな」と感じることが多くなります。

持ち歩くときにストレスを感じるものは、自然と避けるようになってしまうのです。

しかし、小さくて軽いGoProなら、持ち運ぶときのデメリットはほとんどありません。

携帯していても邪魔に感じるようなことはなく、散歩と撮影を快適に楽しむことができるのです。

散歩に出かけるときだけでなく、家の中や庭など、身の回りで何か撮りたいものがあったときは、すぐに持ち出して使うことができます。

そうした扱いやすさが、GoProの魅力なのです。

子供の写真もスムーズに

日常の中での撮影といえば、子供が対象になることもよくありますが、なるべく自然な様子を撮りたいときは、うまくいかなくて困ったりもします。

子供がカメラの存在を意識してしまうと、変に身構えたり、視線が固定されたりするため、なかなか自然な感じにならないのです。

そんなときは、GoProを使ってみましょう。

GoProは小さいので、子供の注意をひかないように、こっそりと撮影するには最適です。

目立たないようにシャッターチャンスを狙えば、日常をそのまま切り取ったような写真を撮ることができます。

また、一緒に遊びながら撮影する方法もおすすめです。

遊びに夢中になっていれば、カメラの存在も忘れてしまうため、すんなりと撮影することができます。

そんなときは、かさばるものを持っていると不便ですが、コンパクトなGoProなら大丈夫です。

小型で軽いというメリットをうまく利用して、たくさん撮影しましょう。




防水・防塵

日常で写真や動画を撮影したくなるのは、天気のよい日ばかりとは限りません。

雨や雪が降っていると、いつもとは違う雰囲気になったりするので、何か撮ってみたくなることもあります。

そうした天候の悪いときの撮影では、GoProがおすすめです。

普通のカメラだと、濡れるのが気になって躊躇することもありますが、GoProは防水仕様になっているので、多少雨や雪がかかっても問題ありません。

天気が悪い中でも、しっかり撮影することができるのです。

これは、雨や雪の日だけでなく、夏に水遊びをするときなども役立ちます。

ビニールのプールで子供がはしゃいでいる様子など、夏らしい風景をたっぷり撮ることができるのです。

その他にも、水がかかりそうな状況で撮影してみたくなったときは、積極的に使っていきましょう。

砂ぼこりもOK

GoProは防塵使用でもあるので、水だけでなく、砂ぼこりにも強くなっています。

そのため、少し風が強いようなときでも、外で使うことができるのです。

土や砂が舞い上がるようなスポーツでもよく使われるくらいなので、風で飛んでくる砂ぼこりをかぶったとしても、撮影に支障はありません。

汚れたときは、水をかけて洗い流すことができるので、手入れも楽になります。

こうしたメリットにより、日常での使い道はかなり広くなっているので、汚れなどを気にせず、楽しく撮影していきましょう。




広い範囲をカバーできる

GoProには、超広角レンズが搭載されているため、広い範囲がすっぽりとフレームの中に収まります。

そのため、通常のカメラやスマートフォンなどでは難しい撮影も、簡単にできるようになっているのです。

海外の観光旅行では、日本で見られないような広大な景色や建物などを撮りたくなるので、GoProが大活躍しています。

しかし、広い範囲を撮影したくなるのは、なにも旅行だけとは限りません。

遠出をする機会があまりないとしても、超広角レンズはとても便利なものです。

例えば、海の近くに住んでいて、散歩中にその広い景色を撮りたくなったときは、広範囲をカバーできるGoProが役立ちます。

船や灯台など、「これも入れて撮りたいな」というものがあれば、すべてひとつのフレームの中に収めることができるのです。

少し高い丘の上から見下ろした景色なども、超広角レンズがあれば、よい具合に撮影することができます。

特別な場所に行かなくても、自然を撮るためには最適な機能なので、どんどん使っていきましょう。

幅が広いものなら何でも

GoProの超広角レンズが役に立つのは、身近な自然の風景を撮るときだけではありません。

横に広い何かを撮るなら、大抵はスムーズに撮影することができるので、ぜひ使ってみてください。

例えば、友達同士で集まって写真を撮りたいときは、並びを工夫しないと全員がフレームに入らなかったりしますが、GoProなら面倒なことは起こりません。

超広角レンズのおかげで、横に並んだ状態でいきなり撮ったとしても、誰かが見切れるようなことは少なくなります。

離れた位置で遊んでいる何人かを同時に撮影したいようなときも、超広角であれば、すっぽり収めることができるのです。

工夫次第でかなり面白い映像が撮れることもあるので、自分なりの撮り方を見つけてみてください。




いろいろな場所に固定できる

GoProは、マウントアイテムを使うと、意外な場所に固定したまま撮影することもできます。

スポーツでは、自分の体に固定して激しく動く映像を撮ったりしますが、固定する場所を工夫すれば、日常生活の中でも、変わったものが撮影できるのです。

例えば、自転車のハンドルに固定するアイテムを使うと、速いスピードで流れていく映像を撮ることができます。

車に固定できるものなら、さらに速い映像になり、普通に手で持って移動するだけでは撮れない映像を楽しむことができるのです。

自分の手でGoProを支える必要がないため、撮影中の事故もしっかり防ぐことができます。

車にしても自転車にしても、日常生活で普通に使うものですが、マウントアイテムと一緒にうまく利用して、撮影の幅を広げてみましょう。

ペットの体にも

GoProのマウントアイテムにはさまざまな種類があり、用途に合ったものを選んで使うことになります。

中には、犬の体に固定できるハーネス型のアイテムもあるので、日常の面白い映像を撮りたいなら、ぜひおすすめです。

GoProを犬の背中や胸に固定すると、かなり低いアングルからの映像になります。

それは、犬が普段見ている風景に近い映像であり、自分では見慣れた近所の道なども、新鮮に見えることがあります。

「こんな風に見えることもあるのか」といった驚きや、意外な発見があったりするので、ペットに協力してもらい、日常を別の角度から覗いてみましょう。




まとめ

GoProのもつメリットは、ここで紹介したように、日常生活でもいろいろな場面で発揮されます。

近所の散歩や友人との交流、家族やペットとの触れ合いなど、いくらでも使い道があるのです。

そのため、スポーツや旅行をあまりしない人でも、購入をためらう必要はありません。

工夫次第で珍しい映像を撮ることもできるので、興味があるなら、ぜひ使ってみてください。


グループサイト
腰痛解消!コルセット・腰痛ベルト・マットレスを効果的に!おすすめペンタブ・液タブらー:液晶ペンタブレットもスーツケース・キャリーバッグの選び方バーボン・ウイスキー・ブランデーを楽しもう!グラボらー:グラフィックボード・GPU・グラフィックカード電子辞書ってこんなに便利ミニベロ、ママチャリ、ビンディングシューズっておすすめエアロバイクとランニングマシンおすすめ邦画、おすすめ洋画ランキングファンデーションの選び方・使い方(リキッド・パウダー)バッシュ(バスケットシューズ)の選び方ベイトリールとジギングロッド青汁で健康元気トレッキングシューズの選び方私がおすすめする電子タバコ(ベイプ)ランキング高圧洗浄機でらくらくきれい!加圧シャツ・コンプレッションウェアをより効果的に!ミシンおすすめランキング/電子レンジ・オーブンレンジおすすめランキングDrawing Tablet ClubRPAの始め方たいぶろアクションカメラでGo白髪染めで10歳若く見える方法マットレスで腰痛wo解消しようスッキリ!腰痛解消プロになるための専門学校選び家電おすすめレビューいんぐプロテインノオトDAPノオトガジェノオトビヨウノオトランニングタイツ・マラソンシューズで疾走しよう!